スマホ/幅480px/幅640px

ガレコレ [Garage Collection]
トップページ] [ブログ&お知らせ
魔のS字カーブ シュノーケリング等 パソコン 十畳合気道場 遊軍、猫の手 活動記録 ガレコレ 所在地&アクセス ガレコレの主(ぬし)トドロ 気象状況 便利帳 パズドラ ほしの島のにゃんこ
十畳合気道場
勘違いの十三条

 練習相手を倒して終わりではありません。道場内では、ほとんどの場合、相手に倒れてもらっているのです。不十分な習熟度では、人生に役立てることは難しいでしょう。勘違いを正して、習練することが大切です。

1.常識を鵜呑みにして振りかざしたり、想定外と言ってしまうことは、愚かな行為です。
・常識の浅墓さ、不実な思惑で想定範囲を狭くしていることに、気付きましょう。

2. 言葉の響きから早合点して解釈してはいけません。
・上下相髄、臍下丹田、腰回し、手刀、摺り足、舟漕ぎ、合気上げ、小手斬り、円の体捌き、円転無窮などの言葉が、特に注意が必要です。

3.奥義は、すべて秘伝というわけではありません。
・奥義には陰陽があり、陽の奥義は公開して鍛える必要があります。
・陽の奥義は、最初から教えられています。
・奥義を修得することに、時間を使うように心がけます。

4.合気道は、人に優しい武術というのは語弊があります。
・人殺しの法です。
・打つ、掴むなどを捨てた代わりに、間合いという武器を得ました。
・地球の重力という最大の武器があります。

5.自分の力を出し切ることを原点とはしません。
・自己満足に終わってはいけません。
・自分の限界を想定してはいけません。
・相手がどう感じるかが原点です。
・相手と自分を、無重力空間にいざないます。

6.全力で倒すという感覚ではありません。
・半分の攻めで折り返して、繋げていく感覚が必要です。
・手刀の捌きと体の捌きの二段で繋げていき、手刀の捌きが糊代となります。
・折り返しは、同じ位置には戻さず、入射角と反射角が同じでもなく、一方が垂直であることが多々あるので、『レ点の返し』と表現しています。

7.大きく捌けば良いという訳ではありません。
・大きく捌く一番の目的は、有効な間合いを最大にするためです。
・丁寧で小さな仕事が必須です。

8.足を止めて、相手を待つのではありません。
・お互いに動く中で、間合いを制御する術を習練します。
・相手が不快と感じるところにいるようにします。
・相手が気づかない拳一つほどの小さなずらしが、とてつもなく有効です。
・相手の心臓の表面、脇、肩口の6ラインを攻めます。

9.摺り足は、足裏を摺りません。
・ベタ足でも、ズリ足でもありません。
・足裏三点を土台に足裏を立体的に意識して、そっと置き、ちゅんと付き、すっと離します。

10.小手先だけの手刀ではいけません。
・心臓と指先が、腕1/4軸を介して、繋がっています。
・手刀を介して、お互いの心臓が繋がっています。

11.手刀にて、手は平面ではありません。
・手を薬指を意識して、立体的に使います。
・手を開いたり、蕾んだりします。
・玉を持ったり、大きな玉の表面を触ったりします。

12.手刀で、力を出したり込めたりして、押し攻めるのではありません。
・当てるのではなく、表面に触れます。
・手刀の解放にて、柔らかく攻めます。
・手刀の反しが、相手に伝わり、渦が生じます。
・五指の方向性、六指目の染み込みが効果的です。

13.相手の攻撃力を、貰うのではありません。
・相手に働きかけ、相手の反射や反応といった無意識の力を引き出します。
・相手の大きな攻撃力を、小さな渦で修正します。

お問い合わせ


by Network Communication Note