スマホ/幅480px/幅640px

ガレコレ [Garage Collection]
トップページ] [ブログ&お知らせ
第2回ゆずFeS シュノーケリング等 パソコン 十畳合気道場 遊軍、猫の手 活動記録 ガレコレ 所在地 ガレコレの主(ぬし)トドロ 気象状況 便利帳 魔のS字カーブ パズドラ ほしの島のにゃんこ
十畳合気道場
合気道と他の格闘技との違い

 合気道における見かけの技には、他の格闘技と多くの共通点が見受けられます。そもそも合気柔術が進化して合気道となったので、技の型の多くは柔術からの借り物とも言えます。

 合気道は、世に産まれた経緯からも推測できるように、総合武術、不敗の術、弱者の術を追及したところが、色濃く残っています。数分間の試合をルール判定で勝てばいいというのではなく、いつ終わるか知れず、かつ瞬時に生死を分ける戦場が想定されています。相手が如何なる武器で攻撃してきても、複数人であっても対処し、生き残らねばなりません。何れの武器をも使いこなし、徒手であっても敗北を喫しないことを、念頭に置いています。また、疲れきっていても、負傷していても戦えるように、力を浪費しないことも重要となります。

 腕力を主力にしないことから、強者にとっては、取るに足らない舞踊に思えることでしょう。たしかに、近年における合気道では、形よろしく、相手を無視した自己中心的な舞が、しばしば見受けられます。しかし、真の舞踊には、神秘の力が隠し入れてあり、学ぶべきところが多々あるのも事実です。

 力でなければ、頭を使うことになります。常識と思える動きを徹底的に研究し、非常識と思われる中に、真実を見い出す作業が必要となります。一旦分かれば、その者にとって常識以外の何ものでもなくなります。知恵の輪が解けたのと、同じことです。

 合気道では、相手の力を使うとよく言われます。これも、相手が出した力というより、相手の無意識レベルの反射や反応と言ったほうが、合っています。自分の力を出し切ることではなく、大局の力を操ることが、合気道の最大の特徴と言えます。

 相手を直接殴る蹴る、ガッチリ組み投げるには、体力がどうしても必要となってきます。戦いに、このような力を使おうとするならば、危険を孕んでいることも認知しておくべきです。相手ともつれても、分けてくれるルールも審判も無いのです。

 合気道は、ある意味、名人技の集大成と言えます。したがって、力を使うなと教えるためには、奥義の一片を最初から教える手法が必要であったと考えています。最初から教えてもらえる奥義を、自分は『陽の奥義』と呼んでいます。手刀、摺り足、騙しがそうで、これをきちんと積み上げていくことにより、他の格闘技にはない、あるいは失った武術体系が見えてきます。最初から奥義に触れる、これが他の武術との最大の違いと考えています。

 故先生は「奥義を修得することに、時間を使いなさい」とおっしゃっています。自分は、教えて頂いた『流し』の中にこれを見い出し、伝えていこうとしています。

お問い合わせ


by Network Communication Note