ガレコレ [Garage Collection]
トップページ] [ブログ&お知らせ
第2回ゆずFeS サンズイ ネコノテ 十畳合気道場 遊軍、猫の手 活動記録 ガレコレ 所在地 トドロ 気象状況 便利帳 魔のS字カーブ パズドラ ほしの島のにゃんこ
十畳合気道場
道場

【基本指針】
 『合気錬体』の修行段階として、基礎の反復練習により、合気道を吸収できる心体をつくっていきます。また、技は、合気の理を身に付けるために行うという考え方です。

・武術未経験者には、武術母体として、吸収してもらえれば、将来に繋がると思います。

・合気道経験者には、今まで学んだ技に、命を吹き込むことを願っています。

・他武術経験者には、合気道の特異点を感じ、新たな境地の創造を期待します。

 本道場を離れて、単独になっても、合気道の練習を継続していけることを念頭に、目録を作成しています。道場では、ついさっきまでの自分と、今の自分の差を感じ取れる稽古をしていきましょう。
 

【特色】
1.自発的な心を、何より尊います。
・湧き上がってくる泉が止められないと感じたら、ご一緒しましょう。
・最初から続けることに縛られる必要はなく、結果的に続けば良しとしましょう。

2.相手を感じることに、重きを置いています。
・型を覚えるよりも、『相手の心体の変化』を感じましょう。

3.剣を用いた練習方法で、合気の理を深めます。
・合気道は手刀の武道であり、柔術と並んで『剣術』に学ぶところが多くあります。
・『手刀のベクトル』を、理解しやすくなります。
・『仮想剣』という独自の考え方を、導入しています。

4.イメージを駆使して行います。
・空間に、帯/扇/輪/玉/三角/ひし形/波/渦/人/影/剣/軸をイメージします。
・ユニークなイメージ群は、稽古の手助けになってくれます。

5.初回から、技のようなものをやります。
・基礎的な動作も、『技に結び付けて学ぶ』ことが大事です。
・あとになって、『最初から奥義を学んでいた』と思ってもらえたら幸いです。

6.カウント式にも、工夫を凝らしています。
・、、、012、、、と数えて、タン、タ、タッ、シャッ、スゥなどと発声します。
・間合いに触れる『0の瞬間』および、それ以前も味わいます。
・相手と接する『1の瞬間』を大切に扱います。
・1カウントごとに長短があり、リズムがあります。
・カウントごとに、動きに合う名称をつけています。
・もちろん、カウントだけでは合気道にはなりませんが、目安になります。
 

【沿革】
●2015年5月~
 奈半利町立加領郷小学校体育館を利用させて頂くことになりました。畳は12畳残しました。

加領郷小学校体育館

●2009年7月~
 高知県安芸郡奈半利町六本松[ろっぽんまつ]に、引越ししました。大寺畳店さんから畳を頂き、約二十畳(3.5畳×3畳-0.75畳)の道場となりました。長物を振り回したり、転がったりできるようになりました。

旧道場@六本松.高知県安芸郡奈半利町甲

●2007年1月~
 高知県安芸郡奈半利町車瀬[くるまぜ]にて、合気道場を開設しました。奈半利町の谷末さんの御好意により、約十畳を頂き、ガレコレ店舗に敷き詰めました。初心を忘れぬように、道場の名称を『十畳合気道場』としました。

旧道場@車瀬.高知県安芸郡奈半利町乙

●2005年秋
 先生の仏前にようやく手を合わせることができ、教えて頂いたことを伝えていこうと決心しました。畳、木剣、杖の用意、体づくり、指導内容など、準備に取り掛かりました。

●2000年1月
 高知県への移住に伴い、静岡大学の道場等に通うことができなくなりました。高知の合気道場を覗いてみるも、違和感から趣くことはありませんでした。しかし、これを好機と捉えて、守破離の修行段階を『破』と認識して、独り練習に励むことにしました。
 

【昇級昇段審査】
 道場主自身が師範代でも何でもありませんし、今のところ流派に属する意思はありませんので、合気道界で通用する昇級昇段審査はできません。

 ただし、修練状況を判断して、初段を出しています。目録は、三段相当まで用意してあります。

 ご理解のほど、よろしくお願いします。
 

【小さな町道場】
 大学時代に通わせて頂いていた先生の町道場は、大学の大きな道場とは異なり、保育園を間借りしたもので、毎回数枚の畳を敷き直す簡素なものでした。

 そのような小さな道場に、大学の合気道部員の全員が入れるわけもなく、幹部数人が無理強いして通わせて頂いていました。自分の為でもありますが、この道場に行きたくても来れない部員のためにも、先生方の一挙手一投足も見逃すまいと、心して稽古していたことを思い返します。

 先生が倒れられてからは、押しかけたお宅の畳一枚で、傍らから見れば滑稽な稽古を付けて頂きました。とうに現役を引退していたので、あまり押しかけないようにしていましたが、行けば必ず繰り返されたありがたい稽古でした。このような機会が無ければ、今の自分の合気道は成立していません。

 十畳は、住むには広いのですが、動き回るには狭い空間です。しかし、小さな道場だからこそ、深い稽古ができると実感しています。

お問い合わせ


by Network Communication Note