ガレコレ [Garage Collection]
トップページ] [ブログ
サンズイ ネコノテ 十畳合気道場 活動記録 ガレコレ 気象状況
ネコノテ
EaseUS Todo Backupでクローンが失敗する例

2019年1月13日
Windows 10 バージョン1809
 
 HDDのクローンをSSDに作るのに、ソース(HDD)よりターゲット(SSD)が大きい場合、[SSDに最適化]にチェックを入れると、エラーになると判断しました。[SSDに最適化]をチェックしなければ、エラーは発生しません。

 経験的に、次の様です。

ソース(HDD) < ターゲット(SSD) □SSDに最適化
ソース(HDD) = ターゲット(SSD) ☑SSDに最適化
ソース(HDD) > ターゲット(SSD) ☑SSDに最適化


1.EaseUS Todo Backup Free 11.5を起動。[クローン]をクリック。

 
2.ソースの選択

ハードディスク0をチェックして、[次へ]をクリック。

 
3.ターゲットの選択

ハードディスク2をチェック。

[高度なオプション]をクリック。
→[SSDに最適化]をチェック。
→[OK]をクリック。

※幾つかのケースを検証して、これがエラーの原因と判断しました。[SSDに最適化]をチェックをしなければ、エラーは発生しません。

[次へ]をクリック。

 
4.ソース→ターゲットの確認

 
5.エラー

「操作は失敗しました。プログラムまたはコンピューターを再起動後、再試行してください。」

※実際は、アプリもパソコンも再起動する必要なく、[SSDに最適化]のチェックを外して行えば、エラーは出ませんでした。

お問い合わせ


by Network Communication Note