スマホ/幅480px/幅640px

ガレコレ [Garage Collection]
トップページ] [ブログ&お知らせ
第2回ゆずFeS シュノーケリング等 パソコン 十畳合気道場 遊軍、猫の手 活動記録 ガレコレ 所在地 ガレコレの主(ぬし)トドロ 気象状況 便利帳 魔のS字カーブ パズドラ ほしの島のにゃんこ
十畳合気道場
手記2013前期(第324回~第371回:全48回)

◆第371回 公開練習
2013年6月29日(土)19:00~20:20~21:20
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
--



◆第370回 公開練習
2013年6月25日(火)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
--



2013年6月22日(土)の公開練習はお休みです。
メンバー全員の都合がつかないので、お休みとさせていただきました。
--



◆第369回 公開練習
2013年6月18日(火)18:45~20:45
参加者:岩瀬、新徳
テーマ:剣の両手刀
○歩み
○剣の素振り
○呼吸投げ、首投げ、挟み投げ
○小手返し
○一教裏
--



◆第368回 公開練習
2013年6月15日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩、M
テーマ:山越え
○歩み
○山越え
○剣の素振り
--



◆第367回 公開練習
2013年6月11日(火)19:00~19:15~21:05
参加者:岩瀬、新徳、M
テーマ:足の意識ベクトル
○歩み
○入身
○半身の切り替え
○体捌き 袈裟斬り
--



◆第366回 公開練習
2013年6月8日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩、M
テーマ:手解き掛け
○歩み
○合気上げ 天地
○呼吸投げ
--



◆第365回 公開練習
2013年6月4日(火)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩、M
テーマ:剣の弱点
○歩み
○剣取り
--



◆第364回 公開練習
2013年6月1日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩 見学者:M
テーマ:山越え
○歩み
○山越え
--



◆第363回 公開練習
2013年5月28日(火)19:00~20:50
参加者:岩瀬、新徳
テーマ:手刀の反し
--



◆第362回 公開練習
2013年5月25日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:ずらし
--



◆第361回 公開練習
2013年5月21日(火)19:00~20:15~21:30
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
--



◆第360回 公開練習
2013年5月18日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
--



◆第359回 公開練習
2013年5月14日(火)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
テーマ:ずらし
○歩み、流し、半身の切り替え
○体捌き 袈裟斬り
○剣の素振り、剣の流し
○剣対剣 払い面打ち
--



◆第358回 公開練習
2013年5月11日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
テーマ:杖取り
--



◆第357回 公開練習
2013年5月7日(火)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
テーマ:実と虚
--



◆第356回 公開練習
2013年5月4日(土)練習19:00~21:00/懇親会21:00~24:00 ガレコレにて
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
--



◆第355回 公開練習
2013年4月30日(火)19:00~20:50
参加者:岩瀬、新徳
テーマ:丁寧に
○歩み
○半身の切り替え
○体捌き
・入身捌き
・小手斬り
○杖取り
--



◆第354回 公開練習
2013年4月27日(土)19:00~19:30~21:00
参加者:岩瀬、新徳(19:30~)、黒岩
テーマ:気づかれず自然に
○歩み
○半身の切り替え
--



◆第353回 公開練習
2013年4月23日(火)19:00~
--



◆第352回 公開練習
2013年4月20日(土)19:00~
--



◆第351回 公開練習
2013年4月16日(火)19:00~
--



◆第350回 公開練習
2013年4月13日(土)19:00~
--



◆第349回 公開練習
2013年4月9日(火)19:00~20:00~21:20
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:体の入れ方
○歩み
・心臓が股。
 ・腰に重りで、心臓から腰までで振れる。
  ×足先に重りで、足全体で振れるのは間違い。
 ・触れた後、心臓~腰のラインより前に出るのは、足の指のみ。
  ×母指球、小指球が前に出るのは間違い。
○流し表
○杖の素振り
・引き落としの構え→袈裟斬り→蒲鉾→戻し。
・引き落としの構え→袈裟斬りで、前の手刀の解放で、杖が回転しながら出ていく。
 ・前の手刀の位置を二等辺三角形の頂点として、体を入れる。
  ×前の手刀は、腰を捻って引き戻さない。
  ・後ろの手刀は、あくまでも補助。
 ・杖は体に押され、蒲鉾の軌道で水平にまでなる。
・袈裟斬り→蒲鉾で、杖がきちんと半回転。
 ×半回転以外は、良くない。
○両手持ち 山越え
・杖の素振りと同様に行う。
--



◆第348回 公開練習
2013年4月6日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:剣の素振り
--



◆第347回 公開練習
2013年4月2日(火)19:00~20:00~21:20
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:手刀の延長
○歩み
○剣の素振り
・手刀の延長として剣を扱う。
・手の平を柄の上に被せる。
・薬指で巻く。
・心臓を傾けると同時に、墨壷から1寸抜く。
 ・肘が内側に締まるように行う。
  ×完全に締めてしまってはいけない。
・刀の峰が頭を摺っていく軌跡。
 ×投げ釣りのように飛ばすのではない。
 ×墨を撒き散らさない。
・出足は、歩みと同じ。
・後ろ足は、自然に歩幅まで引き付ける。
 ×引き付け過ぎない。
・肩、肘、手首の順でしなやかに切り落とす。
・まな板のたくあんを、皮一枚残して斬る。
 ×まな板まで斬ってはいけない。・・・師範の言葉をすっかり忘れていた。
○剣の流し
・ズリ→極め→流し→への字→墨壷→斬
・ズリ80%で行う。
・への字の下に、肩から体が入っていく。
 ×振り回して、背にもって行くのではない。
--



2013年3月30日(土)は、仕事関連のお花見のため、道場をお休みとさせて頂きました。
--



◆第346回 公開練習
2013年3月26日(火)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
--



◆第345回 公開練習
2013年3月23日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
--



◆第344回 公開練習
2013年3月19日(火)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳
--



◆第343回 公開練習
2013年3月16日(土)19:00~21:00
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
--



◆第342回 公開練習
2013年3月12日(火)19:00~20:40
参加者:岩瀬、新徳
○首を斬る
・下の膝→首→首の反対側
・首の皮1枚残す。
 ×首をはねてしまっては、力技になってしまう。
--



◆第341回 公開練習
2013年3月9日(土)19:00~19:30~21:00
参加者:岩瀬、黒岩
--



◆第340回 公開練習
2013年3月5日(火)19:00~
--



◆第339回 公開練習
2013年3月2日(土)19:00~
--



◆第338回 公開練習
2013年2月26日(火)19:00~
【レベル難】
--



◆第337回 公開練習
2013年2月23日(土)19:00~
【レベル易】
--



◆第336回 公開練習
2013年2月19日(火)19:00~
【レベル難】
--



◆第335回 公開練習
2013年2月16日(土)19:00~21:00【レベル易】
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:浮かし
○歩み
○流し表
・体で動いて、手刀で動いての繰り返しで行う。
・下で手刀をつくり、解放にて上がる。
・上→下→傘→動き出す。
 ×傘を省略してはいけない。
○呼吸投げ
・上澄み、やじろべえを意識して行う。
・斜め下→上→斜め下
 ×2つ目は、斜め上ではない。
○一教押さえもどき(突き一本取り様)
・この系統の技を、徹底的に修得する。
・手元の手刀は上がらず、相手の肘に触れている手刀で相手を浮かす。
・相手の心臓表面を力が触っていくように行う。
 ×相手の肩を回してはいけない。
・自分の表と相手の裏にあった軸を、相手の体を突き抜けて、相手の体の前に持ってくる。
○比較技
・挟み投げ
 ・両手刀で相手を挟んで投げる。
 ・手刀を立体的に膨らませて、4点で相手と接する。
  ・この4点で、捻れ、力や移動の差を生じさせる。
・支え釣り込み足
 ・支える足を横に当て、足を寝かせて、足の裏を丁寧に付ける。
 ×蹴りにいくのではない。
・背負い投げ
 ・斜め下→上
・膝浮かし
 ・しゃがみの体勢から、相手の脹脛辺りに手刀を当て、相手の膝を浮かす。
 ・膝より上を無いものとして行う。
--



◆第334回 公開練習
2013年2月12日(火)19:00~21:00【レベル難】
参加者:岩瀬、新徳
--



◆第333回 公開練習
2013年2月9日(土)19:00~21:00【レベル易】
※練習後に、カレーライスをやりました。
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
--



◆第332回 公開練習
2013年2月5日(火)19:00~21:20【レベル難】
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
--



◆第331回 公開練習
2013年2月2日(土)19:00~21:00【レベル易】
参加者:岩瀬、新徳
--



◆第330回 公開練習
2013年1月29日(火)19:00~【レベル難】
--



◆第329回 公開練習
2013年1月26日(土)19:00~21:00【レベル易】
--



◆第328回 公開練習
2013年1月22日(火)19:00~【レベル難】
--



◆第327回 公開練習
2013年1月19日(土)19:00~21:00【レベル易】
※練習後に、お魚の鍋をやりました。
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:上澄みの移動
○歩み
○体捌き 後ろ捌き
○体捌き 袈裟斬り
・付け → ずらし → 進み → 向き。
・ずらしのときに、手刀はこめかみ。
・進みのときに、手刀を反さず、相手の肩口。
・向きのときに、手刀を反す。
○入身 裏
・心臓の表面(外側) → 心臓の表面(内側) → 手刀。
 ・つまり、最終的には、滑らかにて、相手の懐を掠め取る。
 ・手刀は、あくまでも下からその高さへ白波。
  ×手刀を外側から持ってきてはいけない。
・お互いの足の薬指を繋げる。
--



◆第326回 公開練習
2013年1月15日(火)19:15~21:15 【レベル易~難】
参加者:岩瀬、黒岩
テーマ:上澄みの移動
○歩み
○波打ち
・背中から出る強い手刀で行う。
・下で手刀をつくり、解放してサッと出す。
 ×手刀を体に一度巻き込まない。
・指先が相手の心臓に向かっていく。
 ×手刀を前に出したあと、再び上昇させるのは良くない。
・手刀を、自然に高い位置に維持する。
○入身 裏
・上澄みの倒しの向きを変える。
 ・前足を小さな腿上げ。
  ・後ろ足が浮いていると、前足が動かない。
○前受身
・膝を付いた状態から、戸を倒したように倒れる。(いきなり立ってからでは、危ない)
・地面に体が付きにかかるときに、波打ちの要領で、さっと手刀を出す。
 ・地面に滑るように、手刀が入っていく。
 ・地面に術を掛けるイメージ。
 ×手を構えてしまってはいけない。
○体捌き 後ろ捌き
・心臓で、空間を舐めるように描く。
--



◆第325回 公開練習
2013年1月12日(土)19:00~21:15【レベル易】※土曜日夜の公開練習初日。
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:準備運動
○手首のストレッチ
・基本
 ・掛けられる手の薬指で曲げるだけ曲げて、一瞬で切り替えて、人差し指で極める。
  ×最後までゆっくり掛けるのではない。
  ・練習では、切り替えからは手加減する。
 ・極める時は、掛けられる弱い手刀を通じて、心臓に効かせる。
  ×手首だけ極まればいいのではない。
・二教 小手回し
 ・肩、肘、手首のそれぞれが90度。
 ・手首を心臓より高めで行う。
  ・低くても掛けられるが、技術が必要になる。
 ・手首は、心臓を過ぎて、心臓の表面に位置する。
・三教 小手捻り
 ・肩、肘、手首のそれぞれが90度。
 ・肘が頂点の直角二等辺三角形のイメージ。
 ・その三角形の重心に向けて、手首を極める。
 ・極める際に、その三角形の斜面で雪崩のイメージ。
  ×三角形が崩れてはいけない。
・五教 手首極め
 ・手首を、折り曲げる。
・小手返し
 ・肘、手首のそれぞれが90度。
 ・肘を体から外す。
 ・肘が頂点の直角二等辺三角形のイメージ。
 ・その三角形の重心に向けて、手首を極める。
・一の字
 ・肘を真っ直ぐにして、手首を反らす。
○後ろ受身
・脊柱を外して、脊柱と体側の間を通して、受身を取る。
 ・勢い余って回転して、首を大きく捻らなくてもよくなる。
・背中の丸まりが、半分潰れるように行う。
 △丸いままでは、不十分。
○歩み
○180度転体
・心臓、または上澄みの移動に、手足が伴う。
 ・体軸に力が溜まったのを解放する。
  ×腰を捻るのではない。
  ×足首を捻るのではない。
  ×手刀を外に振り回すのではない。
・転体と転開
 ・広義として、転体に、転開を含む。
  ・合気道の捌きは、入身、転体、手刀の3つと言える。
 ・狭義として、転体は縦の回転、転開は横の回転が主である捌きとする。
  ・体を開くことに重きをおくときに、転開という言葉を使うと考えて欲しい。
○体捌き 後ろ捌き
・3パーツ、左右で1組。
・1、2の各々で、一歩下がって、180度転体。
・3で下がるのを通過して、後ろから前に一歩戻る。
・心臓、または上澄みの移動に、手足が伴う。
--



◆第324回 公開練習
2013年1月8日(火)19:00~20:15~21:15(稽古始め)
参加者:岩瀬、新徳、黒岩
テーマ:上澄みをゆっくり動かす。
○歩み、流し
○呼吸投げ
・流し表を基に行う。
・外回りは副、内回りが主。
・外回りは、開き120°、さらに開き90°(合計210°)で、2つの目的がある。
 ×相手を振り回したり、巻き込むのは、別のやり方。
・ゆっくり相手に技を伝えていく。
--
○歩み
・等加速度運動から、抵抗により等速運動に。
 ・進む方向に、落下していく。
 ×急加速して、等加速度運動を崩してはいけない。
・足の裏を立体的に使う。
・足の薬指が意識ベクトル。
 ×足の親指ではない。
 ×この意識ベクトルに、滑っていくのではない。
 ・上澄みの移動が体軸を伝わり、意識ベクトルに力が溜まり、向きが変わって進み出す。
  ×腰を捻ったり、切ったりするのではない。
○合気あげ
・一指(親指)、四指、輪で、手解き掛け。
 ・相手の持ち方に関わらず、自分の手刀に相手の手の平が吸い付く。
・手刀をパッとつくって、フッと解放する。
 ×解放の際に、同じ場所には戻らない。
・各手刀は、主と副で動かす。
 ×同じようには動かさない、
・上澄みをゆっくり動かす。
 ・同じ小さな力を、丁寧に伝えていく。
 ×大きな力にしていくわけではない。
--



2013年1月1日(火)、1月5日(土)の公開練習は、お休みです。
--

お問い合わせ


by Network Communication Note