ガレコレ
Garage Collection


ニュース
 
本日関連のブログ
 合気道には、柔道や剣道がスポーツ化したことで削ぎ落とされてしまった古武術の要素を復活させて体系化したという歴史があります。

 オリンピックの柔道の快進撃をニュースでみると、まともに組んだらこいつらには勝てんと笑うしかありません。打撃では、それを専門にしている格闘技には、とうてい敵いません。

 合気道は、負けないために何でもありなのですが、他の格闘技と異なる点と言えば、組まないこと、打撃は技の流れで崩しに使うことです。組みと打撃の2点をあえて捨てることによって、不可思議な古武術の要素が際立ちます。



 合気道は、手刀[てがたな]と間合いの武術です。どちらの要素が欠けても、成り立ちません。

 組んで相手を握ってしまっては、接点のずらしは少ししかできません。手刀は、相手と自分との接点となりますが、位置、接し方、ずらしが自由です。接点の変化が、手刀の妙となります。



P.S.
 
柔道団体戦で、引き分けが無くなりました。岩瀬は、社会人24歳になってから柔道を始めて、約10年間、引き分け要員として、団体戦に参加させてもらっていました。引き分けで良いのですが、引き分け率は5割を切っています。開始から2分を過ぎると、ほんと動けなくなります。運動不足でした。引き分け要員という言葉が死語になっていき、少し寂しい気がしています。
 
 PHPの方は、先に修正済みです。

 遅ればせながら、date.js日付ライブラリの方も改正しました。ご自由にご利用下さい。

http://neconote.jp/prg/date.js


[サンプル]
http://neconote.jp/prg/holiday.html
 
 お客さんがスマホを新しくされました。今まで使っていたSDカードから容量の大きいSDに替えようとしたところ、スマホでも、パソコンでも「フォーマットして下さい」と言ってくるとのこと。

 すぐにスマホの型番を教えてもらって[kyv48
 
SDカード
 
認識しない]で検索しました。

https://www.au.com/online-manual/kyv48/kyv48_01/m_08_00_01.html

 おそらく、スマホは新しいので問題ないけれど、パソコンは古いのでSDカードが認識しないのではと判断しました。

 今回のSDカードは、たぶんSDHCと推測しました。スマホでフォーマットして下さい。パソコンではフォーマットしないで下さいね。



 SDカードも、随分容量が大きくなって、安くなりました。カードリーダーが、カード規格に対応していないと、読み込めません。

--
 
SDカード
 
--
【大きさ】
 ・SDカード
 ・miniSDカード(今は無いですね。)
 ・microSDカード

【SDカード規格と記憶容量】
 ・SDカード:2GBまで
 ・SDHCカード:4GB以上32GBまで
 ・SDXCカード:64GB以上2TBまで

【SDスピードクラス】
 ・Class2:最低2MB/秒
 ・Class4:最低4MB/秒
 ・Class6:6MB/秒
 ・Class10:最低10MB/秒(今はほとんどがこれです。)

【UHS
 
[Ultra
 
High
 
Speed]
 
スピードクラス(上位規格)】
 ・UHS
 
Speed
 
Class1:最低10MB/秒
 ・UHS
 
Speed
 
Class3:最低30MB/秒
--



 ヤマダ電機安芸店で待ち合わせて、USB2のカードリーダーを購入。値札約600円が、レジでは300円台でした、安い。久しぶりに、店員の小山[こやま]さんと会話しました。安い買い物でも、真摯に説明してくれて、いつも助かっています。



P.S.
 
お礼に、昼食をおごってもらうことになっていました。予定していたお好み焼き丸十はオーダーストップ13:30なので無理。元タコ焼き屋のお客さん曰く、イカモダン焼きがお勧めとのこと。

 堅焼きそばが食べたいと言うことで、中華料理屋ですね。鑫源[しんげん]、まあーりんしゅう、まだ行ったことのない禮印房[レインボー]。

 そして、禮印房に行きました。岩瀬は、天津飯大盛りです。どんぶりいっぱいにあんかけの海で、玉子の厚いこと、少し中華の香りがします。優しい薄味で、まあまあかな。堅焼きそば(炸麺[ザメン]:フライメン)は太麺で、少し油っこかったそうです。次回は、ネットで高評価の麻婆豆腐と冷麺にしてみます。
 
 この高知県中芸地区では、ピカラ中芸光ねっとを利用するしかありません。

 そのピカラが無料提供しているウイルス対策ソフトを、9月末日までに、カスペルスキーからノートンに移行しなければいけません。

 岩瀬は、ノートンに不具合が多いことを認識していたので、お客さんにもギリギリまでカスペルスキーを使いましょうと言ってきましたが、そうも言ってられない時期に来ました。カスペルスキーも、4月にいらんバージョンアップを行ってトラブルが相次いでいたので、移行に拍車がかかっていました。



 ノートンのインストールには、カスペルスキーのアンインストールが必須です。ノートンのインストーラーはややこしいのですが、ちゃんとカスペルスキーのアンインストールを促してきます。

 しかし、手順通りに行っても、カスペルスキーがアンインストールされずに、先に進めなくなるケースがあります。バージョン21にアップグレードしたときに、バージョン20の残骸が発生して、通常のやり方では消せなくなる場合があります。今回、ノートンのインストールで、この残骸が邪魔をしています。



 インターネット検索すると、kavremvr.exeで残骸を消すことができると分かりました。しかし、勝手にやってもいいのかと思い、あちゃこちゃ電話のたらい回しの末、『カスペルスキーサポートセンター』から下記のアドレスを教えて頂きました。何だ、同じでした。

https://support.kaspersky.co.jp/common/uninstall/1464#block2



 さっそく、ダウンロードして、kavremvr.exeを起動。さて、どのバージョンを選択していいのか、迷います。いろいろ試した結果、下記の選択で、バージョン20の残骸が削除できました。

Kaspersky
 
Free\Anti-Virus\Internet
 
Security\Total
 
Security\Kaspersky
 
Security
 
2020



 そして、ノートンのインストールは、上手くいきました。めでたしめでたし。
 
 「やめることは一番簡単なこと、楽なことだ」「挑戦するのが政府の役割だ」と、菅義偉総理の談。

 この発言から、最初からどんな状況になっても、東京オリンピックをやるという腹積もりが、透けて見えてきます。新型コロナウイルスに挑戦しているのですか? 何に挑戦しているのですか?

 五輪やめることが、最も難しいです。凡人は、捨てることができないのです。



 東京で新規感染者500人が続いた時に、こりゃいかんと思い直しました。連日、東京で新規感染者が1000人超になった今、8月にどうなるかは明らかです。お盆の帰省も難しいと考えます。

 岩瀬にとっても、夏場に感染急騰が来そうなのは想定外でした。ガレコレでは、夏休みのイベントを2つ企画していましたが、告知もせずに、すでに中止としています。過去にも、苦渋の決断で、幾つものイベント中止を決断してきており、『早期の見通し』『確固たる判断基準』が大切だと教えられました。まあ、小さい個人事務所なので、地道に、普段の活動範疇で精一杯行うのみです。



 「海外と比べて感染者数などは1桁以上少ない」と言われますが、新型コロナウイルスにとって1桁は誤差範囲です。総理、何言っているんでしょうか? デルタ株を完全になめきっています。

 そもそも、東京オリンピックを延期した時点で、この選択は間違っていました。ワクチンさえあれば、短期間で押さえ込められるとの一念だったのでしょう。真綿で首を締め続け、最後には火中の栗を拾おうとしています。短期間に大人数が集まる大イベントは、コロナ禍では無謀です。



 過去に、1980年モスクワオリンピックをボイコットしたことは、明らかに政治判断でした。1979年ソ連のアフガニスタン侵攻が発端となり、1980年1月アメリカ合衆国が先導して、日本を含む50ヶ国近くがボイコットしました。代替イベントとして、1980年7月リバティ・ベル・クラシックという名称で、アメリカ合衆国で開催されています。当時中学生の岩瀬は、オリンピックの意義とは何ぞやと、自問自答したものです。

 今回の東京オリンピックに、大義を微塵も感じません。オリンピックのニュースはどうしても耳に入って来ますが、東京オリンピックを楽しむ気にはなれません。選手には悪いのですが、なるべく東京オリンピック・パラリンピックから離れて、この一ヶ月を過ごしたいと思っています。

 また、先日の大相撲千秋楽結びの一番、白鳳と照ノ富士の取り組みを観て、同じ土俵に立っているとは思えない内容で残念でした。白鳳にも言い分はあると思いますが、そこには美学の欠片もありませんでした。最悪の全勝優勝として、語り継がれることでしょう。そして、東京オリンピックという土俵は、完全に歪んでいます。
 
 日々、コロナ禍での生活スタイルが変化しています。

 「重症化しやすい高年齢の方々において、ワクチン接種により感染が抑えられています」という表現は正しくありません。日本では、ワクチン接種したからといって、大手を振って活動しようとする高年齢の方々は少ないと推測します。

 感染は生活スタイルによるところが大きく、酒を伴う外食を控えられたら、感染リスクが低くなると言われるのであれば、高齢者の方々はそれを実践されています。一方、若者は我慢の限界といったところでしょう。

 ワクチン接種が、感染抑制に働いているのは事実で、年代別の感染率に影響しているのも理解できます。一方、身近に感染者が出た方々は、生活スタイルが一変したと思います。感染後の回復者、ワクチン接種者、ワクチン未接種者、ワクチン非接種者、子ども、いずれの方々も、コロナ禍が長期化して、生活スタイルが変化してきています。

 また、コロナウイルスも、変異を繰り返しています。

 すでに、統計における標準化は難しくなってきています。ビックデータとAIにも助けてもらいながら、人間の想像力無しでは突破できません。今後、ワクチン接種者の感染に注目して分析を進めることが重要になってきます。

 ワクチンが効果を発揮している間に、感染を収束させる努力をしなければ、元の木阿弥です。確かに、人類は、mRNAワクチンという強力な武器を得ました。しかし、ワクチンは、あくまでも時間稼ぎであることを認識しなければいけません。それ以上に、免疫に潜む落とし穴に嵌らないことを祈ります。
 
 コロナワクチンに関して、かなりひどいデマがあることは確かです。

 不妊化説は、有無どちらにもエビデンスが十分ではないと考えています。理論的には、不妊化は否定できます。しかし、マウスなどの小動物による検証実験が難しいとあります。ワクチン接種後、数少ない妊娠の報告に留まっており、これだけで不妊化を否定するのは、逆に一方的です。検証できていなことまで、否定している態度が、実に怪しいのです。

 とくに、政治家は、自己都合で、理路整然とした意見までひっくるめて、デマで済ませようとしています。政治家がワクチンの悪口を言うと、海外からのワクチン供給が絶たれかねないので、仕方がない? でも、白を切るのも、もう限界でしょう。

 確かに言えることは、ワクチンが切り札ではありません。それこそ、ウイルス感染系映画の見過ぎです。ワクチン接種率が高い外国において、デルタ株の感染拡大が進んでいる現状を、よく観察して考察してみて下さい。



 生物は、遺伝子レベルで、生き残りの可能性を秘めているものです。新型コロナウイルスも、人間も。



 ワクチン接種後、お亡くなりになった方は約10万人に1人です。これらの方々の中には、新型コロナに対して特別な機能を保有している方もおられたのではと、空想したりします。バイオハザードのアリスのようにと言ったら、お前も映画の見過ぎと笑われますが。。。
 
 株式会社日本通信『もしもしページ安芸郡2021』が発行されました。

 奈半利町→ガレコレで検索して下さい。

 今回は、ガレコレ(パソコン・合気道など)として、シュノーケリングはコロナ禍でできないので外しました。

 お庭・お墓の草刈りも、承っております。

 ご依頼、よろしくお願いします。



P.S.
 
奈半利町→岩瀬洋一郎では掲載されていませんので、あしからず。
 
 岩瀬のノートパソコンは、Windows7の初期機種で、普通ならもうおしゃか
になっていても可笑しくありません。Core
 
i3ながら、Windows10に無償グレードアップしてから、メモリー8GBに増設、SSD500GBに交換、バッテリー交換して、今でもサクサク動いています。

 デスクトップパソコンでは、良いハードディスクを使用しているため、ノートパソコンほど速度が遅くなく、我慢しようと思えば我慢できるレベルでしょう。しかし、昨今のWindows10のバージョンアップでOS自体が重くなり、そうも言っていられない状態に陥っています。



 Windows11(仮称)が年内にも出るので、それ待ちの人も多いのではないかと思います。おかげで、Windows10搭載パソコンで、Windows11にはアップグレードできないものが、投げ売り状態になっています。



 今回、高知県奈半利町内のお客さん3人の利用状況から考えて、同じ機種のデスクトップパソコン3台を、取り換えさせて頂きました。

--
[Amazon
 
Renewed]
HP
 
6200Proベース(2011年4月21日発表モデルWindows7)
Windows10、メモリ8GB、SSD256GB/500GB
Microsoft
 
Office2019(Word,Excel,PowerPoint,Outlookなど)
本体23,800円/27,800円
※モニター(D-sub15ケーブル)、キーボード、マウスは、今までのを流用。
--



 SSDの全領域を使うには、Windowsパーティション(Cドライブ)の次の回復パーティションを消去して、残りのパーティションも含めて、結合作業しますが、そんなことお茶の子さいさい。

 問題無く動いています。静かです。速いです。今のWindowsパソコンが遅くて我慢できないのなら、Windows11が普及するまでの繋ぎとして割り切って、安価なWindows10パソコンに乗り換えられることをお勧めします。
 
 コロナ禍で生活している中で、理想の実現を求めて突き進むやり方に疑問を抱いています。

 仕事の中には、コロナ禍で全くできなくなった仕事もあります。ガレコレでは、シュノーケリングにおいて軽機材のレンタルができず、岩瀬自身が低体温症で足指を痛めてしまったこともあり、シュノーケリングガイド(最盛期:5年間、およそ延べ200人/3ヶ月)は廃業同然になっています。イベントのお仕事も、ゆずFeS以外は、企画止まりです。



 コロナを恐れてばかりではいけないと、第6回ゆずFeS(2021年2月14日~3月14日)では、体験プログラムをミニイベント・マイクロツーリズムと称して、小さく小さく開催しました。幸い、コロナ感染者は出ませんでした。開催終了後、中芸住民からは、賛同が半分、全否定が半分といったところで、想定通りといった感じでした。

 第6回ゆずFeSの準備期間中に、安芸在住で田野町で活動していた男性1名がコロナ感染者と判明しました。直近の年末年始では、飲食店での忘年会・新年会が全滅しました。たった1名の感染者で、計り知れない経済損失でした。



 今年度も、コロナに関しては全く不透明で、感染者は増え続けています。東京オリンピックでは、無観客開催もようやく議論されており、最悪を回避できることを願っています。

 中芸地域のイベント・お祭りは、ことごとく中止が決定されています。コロナを制御した運営ができず、誰も責任が取れないからです。

 岩瀬は、デルタ株の出現・動向から、中止の決断は妥当だと考えます。なお、今後、ワクチン接種率は無意味になっていくとも考えています。ワクチンは、世界的パンデミック下における緊急措置であり、現時点回避には有効ですが、近未来を約束するものではありません。



 そんな中、第7回ゆずFeSは、10月中旬~11月中旬で、開催準備を進めることになりました。もちろん、悪状況になれば、開催中止になります。

 岩瀬は、無理矢理に開催するより、今まで準備すべきことが抜け落ちていたところを整えることを提案してきました。事務局からは開催中止はあり得ない、先のワーキンググループ会議でも同様で、開催を前提に進めることになりました。



 先のワーキンググループ会議では、メンバーのほとんどがオブザーバーで、開催すべしで徴集されたお役所寄りの方々ばかりです。案内人を除いて民間は2名だけで、議決も取れず、どうにもなりませんでした。

 ゆずFeS古参の曽根くんが自ら「代表やります」と言ってくれたので、お願いしました。こんな状況下なので、柔軟な対応で進めて行って貰えたら幸いです。開催中に関係者内でコロナ感染が判明した場合、対処方法、ならびに、各案内人を守る手段を議論されておくことをお勧めします。



 果たして、第7回ゆずFeS開催は、案内人(民間だけではないが)にとって、メリットに傾くのでしょうか? 協議会の総意? 協議会への忖度? また、高知県庁や文化庁は、どういうスタンスなのでしょうか? 事務局やオブザーバーの方々は、自分のお仕事と捉えて邁進されるのは結構なことですが、周りが見えなくなっていて、民間を疲弊させて損害の渦に巻き込むことは、如何なものかと思います。



 なお、後日、事務局から「勝手に動くのは慎んで下さい」という意味合いのメールを頂きました。協議会は威圧的ですねえ。岩瀬は、協議会だけの活動がすべてではありません。むしろ、ご指摘のあった個人・団体は、協議会の方々より深く個人的な付き合いがある方ばかりです。それでなくても「協議会が個人の活動を制限すること」は、威力業務妨害で違法です。

 岩瀬が協議会に提出した企画書を、事務局が捏造して私物化するだけでは飽き足らないのでしょうかね。この件は、全く解決しておりません。

 何も、学んでおられません。協議会が中芸住民から総スカン喰らっている理由は単純で、改善することも、しんよいことです。
 
高知新聞
2021.07.06
 
08:50
高知への修学旅行、3倍の145校 コロナ禍で関西・中四国が近場選択
https://www.kochinews.co.jp/article/469341/

 アフターコロナのような感覚で、県庁の職員が動かれています。

 そもそも、修学旅行をターゲットにするのは、危ういというのが岩瀬の持論です。もちろん、若者との交流は歓迎ですが、修学旅行というのは、かなり特殊で、受け入れ側はいろんな方面にベテランでなければいけません。何百人と対応してきて、初めてそのレベルに達します。そういう方を何人も保有しないといけません。マンパワー不足の田舎では、良くて1クラスが限界です。

 奈半利町でも、海辺の自然学校で、修学旅行を受け入れていますが、役場の一方的な仕切りで、ボタンティアスタッフは疲弊しました。1日に120人受け入れたときに、岩瀬は低体温症で足指を痛めて、もう何年も苦しんでおり、治るまで海へは潜れません。

 県庁の職員は、ちゃんと全体を通して考えてくれていますか? 成果だけを追いかけていませんか? やっつけ仕事では、何も残りません。

 コロナ禍の感覚が鈍いのではないですか? よくクラスターが発生していないものです。
 
 先週から、久しぶりに『片手持ち一教表押し倒し』を練習しています。

 一教として、押し倒し、引き倒し、中間型を教えています。中間型は、言わば『押し投げ』です。師範から直伝の一教で、大学の部活で練習し続けてきたもので、自分も好きな得意技です。相手を投げ飛ばすので、広い場所が必要で、相手が回転受身を修得していないと、練習できません。

 現時点では『押し倒し』のみを教えており、一般的な合気道の技と同じです。

 とは言え、デルコさんはセンスがいいので、初心者ながら、レベル4ぐらいから教えています。ほとんど本当の技です。レベル1から教えていた時期もありましたが、下手な癖が付いてしまい、レベルアップが難しくなると気付かされました。難しく感じても、最初が肝心ということです。合気道は、感覚の武道でもあるので、嘘に近い型稽古しても、合気道とは呼べません。

 ただ、若者には、これからもずっと合気道を研究していくとして、必要最低限の本質(前提)を教えた上で、レベル1から練習してもらうことは、意味のあることだと考えます。

--
[前提1]相手の肘の軌跡が目安になります。相手の腕だけ移動するのではなく、肩・体(心臓)・頭・足の動きに繋げます。相手の腰に繋げると重くなるので、外します。

[前提2]肩の可動域は、体の側面で回るのではなく、プロペラ機のように前面で回ります。

[前提3]重さで崩します。相手の腕と自分の腕が重なれば、それらの重さは相当なものになります。手刀を通じて、自分の体の崩れの重さを伝えれば、相手を十分に崩すことができます。重さと重力は少し異なるのですが、当面は『重さ=重力』として練習しても差し支えありません。

①相手の肘を押っ付けます。相手の上腕で、相手の眼を覆います。
②相手の腕と自分の腕の重さで、相手をお辞儀させていきます。
③相手の腕を開いていき、相手の体と相手の腕でへの字を作ります。
④極めていく相手の腕と反対側の相手の頭部を移動させるイメージで、斜め前に進みます。
⑤相手の腕と体が同じ面になったときに、相手の肘を極めます。
--

 関節技的に「肘を反す」とよく言っていましたが、合気道的には誤りです。肩が回しにくいのに回そうとすれば、力が必要になります。ある程度力が必要と言ってしまうのは、知恵の輪を解けない者の言い草です。
 
 お客さんのデスクトップパソコンが起動しなくなりました。画面上「ショートDST」でエラーになり、ドライブのセルフテストができません。

 今回は、ハードディスクの問題だろうと、内臓ハードディスクを取り出して、自分のノートパソコンに接続してチェックすることにしました。



 ハードは『Groovy
 
UD-500SA』の再登場です。

[UD-500SA|HDD簡単接続セット|Groovy]
http://groovy.ne.jp/products/hddset/ud_500sa.html



 ソフトは『EaseUS
 
Partition
 
Master
 
15.8(無料版)』です。

[EaseUS
 
Partition
 
Master
 
公式ページ]
https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html



 まず、ハードディスクは認識しました。見えている内に、バックアップ、バックアップ。アドレス帳、お気に入り、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック、リンク、そして、Thunderbirdメール関連。無事に完了しました。



 さて、ここからが本番、修正です。ソフトを立ち上げ、問題のあったハードディスクの[Windows]ボリュームを右クリック。[アドバンス]→[ファイルシステムをチェック]で進めました。ボリューム
 
ビットマップ
 
エラーが修復されました。ここでは、不良セクターは0KBとなっています。

--



ボリューム
 
ビットマップ
 
エラーを修復します。

Windows
 
でファイル
 
システムが修正されました。
これ以上の操作は必要ありません。

965717901
 
KB
 
:
 
全ディスク領域
152459708
 
KB
 
:
 
581318
 
個のファイル
349228
 
KB
 
:
 
131893
 
個のインデックス
0
 
KB
 
:
 
不良セクター
1001621
 
KB
 
:
 
システムで使用中
65536
 
KB
 
:
 
ログ
 
ファイルが使用
811907344
 
KB
 
:
 
使用可能領域

4096
 
バイト
 
:
 
アロケーション
 
ユニット
 
サイズ
241429475
 
 
:
 
全アロケーション
 
ユニット
202976836
 
 
:
 
利用可能アロケーション
 
ユニット
合計継続時間:
 
8.57
 
 
(514435
 
ミリ秒)。
--

 これで良しと、パソコンにハードディスクを戻して起動。上手く立ち上がりました。やったーと思ったら、しばらくして、突然のブラック画面、そしてエラーで、元の木阿弥です。

 こんなことでは、めげません。もう一度ハードディスクを取り外して、同じことを繰り返します。しかし、ボリューム
 
ビットマップ
 
エラーは出ません。さてはて困りました。



 もう1つチェックが残っています。[アドバンス]→[サーフェーステスト]です。不良セクタをスキャンします。ハードディスクは1TBなので、時間の掛かること掛かること。なんと、途中で不良セクタの赤い印が1つ。でも、まだまだ終わりそうにないので、寝ることにしました。朝起きると、パソコンはスリープ状態になっており、[Enter]で起こすと、スキャン結果が消えてしまいました。この辺り、改良の余地がありますね、EaseUSさん。

 まあ、とにかく不良セクターを発見・修正できていることを信じて、パソコンにハードディスクを戻しました。起動は順調、ずっと安定しています。



 さて、ハードディスクを交換した方が良さそうです。SSD500MBと2.5インチ→3.5インチブラケットを購入して、作業量を考えると1万5千円です。Windows11(仮称)の登場アナウンスにより、Windows11の対応機種でないrenewパソコン本体が、ハード・ソフトの機能も十分良くて27,800円の激安(新品価格から76%OFF)。2025年まで繋ぎとして、十分使えます。今回、奈半利町だけで、3軒で3台導入します。すでに2台購入済み。ガレコレとしても、同じ機種の方がメンテナンスしやすいのでね。7月8日(木)には届きそうなので、報告は後日。



P.S.
 
以前に、EaseUSさんを紹介していたらお声かけがありました。もっと使いやすいものが出るだろうとお断りしていました。今回もザっと見た限り、マニュアル無しでは、素人は使えませんね。プログラマーが作ると、使いづらいものになります。でも、EaseUSさんの機能は素晴らしいので、ちょくちょく利用させてもらっています。

P.S.1-2
 
今回も、EaseUS(イーザスソフトウェア)さん、ちゃんとこのブログをチェックされていて、ご連絡頂きました。公式ページのアドレスを、追加させてもらいました。



P.S.2
 
Groovy
 
UD-500SAは、USB2接続でちゃんと電源供給してくれます。USB2のハードディスクに、電源無しのUSB3接続ケーブルでは、ハードディスクが壊れます。

P.S.2-2
 
ケーズデンキ安芸店で、Groovy
 
UD-500SA新品を2,480円で売っていました。まだまだ、現役なんですね。捨てようと思っていたこと、ゴメン。
 
 お風呂では、いろんな雑談が交わされます。「ガレコレ、ワクチンを分かりやすく説明してみい」と言われたので、「ワクチン1回打ったら第二級戦闘配備、ワクチン2回で第一級戦闘配備。」と言ったら食いついてきました。



 免疫は、国境警備隊みたいなものです。普段は、のどかなものです。でも、配備されている隊員は、特殊訓練を受けており、役割分担も決まっています。

 敵影を見つけたら、まず交戦してみて、敵の何人かを倒して、敵の素性や戦闘能力を分析します。本陣に伝える者もおり、既知の敵であれば、過去の経験から適した部隊を増援します。未知の敵であれば、分析から部隊を再編制して送り出します。

 ワクチンはトレーニングだと思って下さい。上記と同じように、交戦して、分析して、増援し、士気を高めます。1回目のワクチン接種は、第二級戦闘配備で、人員の配置と武器を揃えた状態です。2回目のワクチン接種は、第一級戦闘配備で、更なる増援と士気を高めた状態です。



 さて、戦場で緊張が続くと、隊員は疲弊し、誤射によって、味方を打ち殺してしまうハプニングが起きることもあります。免疫でも、自己を傷つけてしまうことがあります。免疫において重要な考え方は、Maxを維持するのではなく、一度Maxにもっていったら、ある程度のレベルまで下げて敵を待つことです。Maxが続けば、『自己免疫疾患』と言って、自分を攻撃する引き金になる可能性があります。

 2回でダメなら3回接種のトリプルブースター。お互いのいいとこ取りが期待できる交差接種。いずれもMaxを維持しようという考え方だと思います。まだ、免疫に関してよく分かっていないことも多く存在しており、闇雲にいじる代物ではありません。今回のmRNAワクチンにおいて、変異種にも効果があることは、自分にはよく理解できません。鍵と鍵穴が、抗体のセオリーで、今回のワクチンは逸脱しています。偶然の産物としか見えず、恐いなあというのが、率直な感想です。効けばいいじゃないかでは済まされないことが進行していると考えています。
 
 一から構築するよりも、Baseはかなり優秀なサイトで、利用すべしと判断しました。独自システムに決済システムを組み込むことは、未だにハードルが高いので、今後はこのようなサイトを利用した方が無難ですね。HTML記述を許しているので、納得のいく仕組みを記述できそうです。Baseの無料アプリもいっぱいあるので、無理なく強化していけると考えています。

 現在、室戸のお客さんのBaseサイトの構築を始めました。今週は、登録までです。入力がシステマティックでないなあと思いましたが、許せる範囲でした。

・法人名/個人名
・屋号
・ショップ名

 サイト名称だけでも、ああややこしい。次から次へと出てくるもんだから、その度にどうしますかと、ラインしまくり。まず登録するにあたって、何を用意してほしいのか、説明文も含めて一覧がほしいとところです。
 
 ごめん・なはり線の時刻表を、stickyを使って、スマホで利用しやすくしました。ついでに、トップページも改良しましたよ。

http://neconote.jp/gonasen/
 

過去のボレコ(ブログ)
2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007

【特集】
ゆず狩り
かかし集う コスモスの郷 平へようこそ!

【アクセス】
🚩
🗺 ガレコレ&海辺の自然学校
🗺 加領郷小学校
ごめん・なはり線 時刻表/運賃表

【お仕事】
※ガレコレでは、各部署がいつでも独立できるように、部署名に将来の屋号を取り入れています👍
 
サンズイ🌊
※サンズイ[SANZUI]は、海岸線事業部門
 
ネコノテ🐈
※ネコノテ [NeCoNote]は、コンピューター部門
 
十畳合気道場✋
※十畳合気道場 [JuJo]は、武道部門
 
その他の活動
活動記録

【ガレコレって?】
ガレコレ
・代表 岩瀬洋一郎
・2004年11月3日起業
・現在、海岸線事業/コンピューター/合気道場の3事業に絞って活動しています。
 

【情報集】
気象状況


neconote.jp

Since 2015/11/26 総数282406 昨日139 今日107
お問い合わせ


by Network Communication Note