ガレコレ
Garage Collection


本日関連のブログ
 いろいろな有識者会議があるもんです。分かりやすかったので、ご紹介しておきます。

COVID-19有識者会議
SARS-CoV-2変異株の特徴とワクチン開発の動向
2021-06-11
 
6:40
 
pm
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/6522

※病名:COVID-19[coronavirus
 
disease
 
2019、コロナウイルス疾患]
※ウイルス名:SARS-CoV-2

 SARSコロナウイルス(重症急性呼吸器症候群、2002年~2003年、アジアやカナダを中心に感染拡大)、MERSコロナウイルス(中東呼吸器症候群、2012年~、アラビア半島を起点にヨーロッパに感染拡大)と、今回のSARSコロナウイルス2とは、どんな関係があるのでしょうか? 近年、コロナウイルスが猛威を振るうようになった起因があるはずです。起因の根を絶たないと、SARSコロナウイルス2が収まっても、次のコロナウイルスに置き換わるだけです。



 なお、変異ウイルス名に『アミノ酸置換名』が使われているので、アミノ酸の略号が記載されているサイトを紹介しておきます。

アミノ酸の略号
アミノ酸の一文字略号と三文字略号
http://nomenclator.la.coocan.jp/chem/text/aminosym.htm

アルファ株:N501Y[501番目がアスパラギンからチロシンに変異]
デルタ株:L452R、P681R[452番目がロイシンからアルギニン、かつ、681番目がプロリンからアルギニンに変異した二重変異株]
※ギリシャ文字株は、WHOが5月31日に発表した新たな命名システム。



 突起たんぱく質が大きく変化した場合、コロナワクチンの効果の低減に繋がります。小さな変異も含めると20種以上は確認されているようです。

 RNAウイルスの変異は速く、mRNAワクチンの設計変更が可能だとしても、イタチごっこです。ワクチンが切り札としばしば言われますが、世界的パンデミックになってしまった以上、一時凌ぎと認識を改めるべきです。半年ごとにバージョンアップしたワクチンを接種できますか? 初期段階で封じ込めに失敗した以上、ロックダウンは時間稼ぎにすぎず、籠城である以上、援護の要素がなければ勝てません。

 SARSコロナウイルス2のパンデミックが収まるには、あらゆるシミュレーションを模索して、結果を世界共通認識にする必要があります。変異と無症状病原体保有者が大きなパラメータになることは、間違いありません。

 無症状病原体保有者が、抗体によって発症しないのなら問題ないのですが、コロナウイルスと共生関係にあるならば、戦略を一から見直す必要に迫られます。この辺りの知見は、インターネット上では探し出せていません。
 
 生データを眺める限り、重症化しない効果はありそうな気がします。しかし、現行ワクチンを接種した方も、デルタ株に掛かるということも分かります。

 なぜ、データの標準化をせずに、評価しているのでしょうか?

 現行ワクチンを接種した方も掛かるということをごまかしたい情報操作のようにも見えます。いずれにしても、一ヶ月もしない内に詳細が判明すると思います。

 そもそも「感染力が○○%強い」という表現は、統計上の生数値であり、科学的アプローチに欠いています。そろそろ、各変異株に対して、パラメータで表現しませんか?
 
 部会長、副部会長には、このような会を開催して頂いて、感謝しております。協議会事務局とのいざこざに一区切りつきました。各WGも、一旦立ち止まって、仕切り直しするには良い会でした。来週から6月末にかけて、午後や雨日に、精力的にゆずFeSで動きますので、よろしくお願いします。

 とは言え、(インド型)デルタ株コロナウイルスが広がり出し、東京オリンピックも開催されそうなので、まったく見通しが利きません。中芸の名だたるイベントは、軒並み中止という情報も入ってきています。今年度は、ゆずFeSを開催せずに、準備に徹したいと考えており、早々にメンバーに諮ることにしています。


P.S.
 
このブログは日曜日1:20に書いていますが、救急車のサイレンが聞こえます。命を社会的に維持するということは、大変なことです。
 
 興味がある方は、参照してみて下さい。ウイルス感染とは、どんなことかは理解できるようになると思います。

[20210608更新]
 
[解説]
 
新型コロナウイルスのスパイク
 
(S)タンパク質とは?
https://crisp-bio.blog.jp/archives/23213830.html

 一般人には不必要な情報だと思いますので、このブログでは議論しませんが、幾つか疑問が生じました。まあ、勉強不足です。

①コロナワクチンによる細胞内へのmRNAの取り込むメカニズム。
②突起たんぱく質の細胞からのリリースのメカニズム。細胞膜が壊れる?
③このmRNAの総合的な寿命幅。
 
 知人から、コロナワクチン接種について相談を受けます。高知県では、すでに1名お亡くなりになっていますが、5名程度じゃないとまず伝えています。そのうえで、早期に発症する副反応は、添加物や副産物由来と考えられると続けます。自分は、アレルギーは少ない方ですが、蚊に刺されたら腫れたり膿んだりする体質なので、副反応で炎症が怖いので、接種はパスと判断しています。



 まあ、素人の自分が何を言っても聞いてもらえないので、有用な情報サイトをお伝えして、引用させてもらいました。なお、原文をお読みいただくことをお勧めします。

日本RNA学会
mRNAワクチンと基礎研究
投稿者
 
 
幸秀(東京大学
 
定量生命科学研究所)
https://www.rnaj.org/component/k2/item/870-tomari-1

<引用>試験管内転写反応に一般に用いられるT7ファージ由来のRNA
 
Polymeraseは、全長のRNAだけではなく、様々な副産物を合成してしまうことが知られている。特に、鋳型DNAの終端まで転写反応が進み、T7
 
RNA
 
Polymeraseが鋳型DNAから離れたあと
 
(“run-off”)、合成されたRNAの3’末端が自身の上流に存在する相補的な配列と塩基対を形成し
 
(“loop-back”)、そこを起点として逆鎖の合成が継続する
 
(“primer
 
extension”)
 
という副反応は、比較的高頻度に
 
(しかも転写効率が良ければ良いほど)
 
起こることが報告されている1)
 
。このようにして作られた、末端にループ構造を持つ二本鎖RNA
 
(loop-back
 
dsRNA)
 
は、その配列に関わらず自然免疫系によって認識され、炎症性サイトカインの産生を誘導してしまうため、RNAを生体に導入する際には、HPLCなどで取り除く必要がある。</引用>

 つまり、現時点では、どんなに優秀なRNA
 
Polymeraseでも副産物ができて、『炎症性サイトカイン』を誘発してしまうということです。これが、心筋炎などを引き起こしている可能性が高いと考えています。



 では、精製により副産物が取り除かれていないのでしょうか? 下記の文章を読み解く限り、泊教授も怪しいと思っておられるのではないでしょうか。最低限とは、何を意味しているのでしょうか?

<引用>実験室レベルでは、HPLCなどによる精製を行わなくても、炎症性サイトカインの産生を最低限に抑えることができるようになったとのことである
 
(製品化の際には精製は行っていると思われる)。</引用>



 例えば、一級メタノールを蒸留により精製するときに、初留と後留を取り除くことにより、純度が増します。もったいないからと、初留と後留をケチると、純度が落ちます。HPLC(高速液体クロマトグラフィー)で精製していたとしても同じことで、ワクチンの生産量を高めるため、品質にはある程度目を瞑っていると推測しています。目の前の多くの人を助けるためには、仕方がない選択なのかもしれません。



 なお、コロナワクチンを接種した方は、少なくとも数年は、生存や病気の追跡調査が行われるはずです。確かに、人類にとって役立つサンプルです。新型コロナウイルスは、思いがけない好敵手で、医療を進化させる起爆剤なのかもしれません。今後、医療現場でmRNAを用いることは当たり前になるのでしょう。ただ、今回は、非常に危ない橋を渡っているなあと感じています。若い世代は極力ワクチン接種せず、全体では少なくとも半々に留める必要を感じています。ワクチン接種しない人もいないと、有用な統計は取れません。
 
 position:sticky;で、表の『列見出し』および『行見出し』が固定できるようになって久しいですね。見出しが1セル分の場合は、簡単にできます。しかし、見出しが複数になったり、セル結合で複雑になった場合は、そう単純にはいきません。

 なお、<div
 
style="display:table;">のCSSでは、セル結合の表示は、表の入子にするしかなく、煩雑になるので、HTMLの<table>タグを使用します。

 以前から好んで用いている『4つの窓』方式を流用しました。また、表のキャプチャーを前後に設置してみました。JavaScriptが不要になったので、比較的簡単に作成できます。でも、要所要所にコツが散りばめられています。ソースコードをご参考にして、ご活用下さい。

┌──────────────────┐
│┌────────┬───────┐│
││Ⓐ表題 ※S4 │□(全角空白)││
│└────────┴───────┘│
├────────┬─────────┤
│※S1     │※S2      │
│┌──────┐│┌───────┐│
││①角見出し表│││②列見出し表 ││
│└──────┘│└───────┘│
├────────┼─────────┤
│※S3     │         │
│┌──────┐│┌───────┐│
││③行見出し表│││④データ表  ││
││      │││       ││
││      │││       ││
││      │││       ││
│└──────┘│└───────┘│
├────────┴─────────┤
│┌────────┬───────┐│
││Ⓐ凡例 ※S4 │□(全角空白)││
│└────────┴───────┘│
└──────────────────┘

※S1
 
 
 
 
position:sticky;
 
 
 
 
top
 
:0px;
 
 
 
 
left:0px;
 
 
 
 
z-index:2;
※S2
 
 
 
 
position:sticky;
 
 
 
 
top
 
:0px;
 
 
 
 
z-index:1;
※S3
 
 
 
 
position:sticky;
 
 
 
 
left:0px;
 
 
 
 
z-index:1;
※S4
 
 
 
 
width:360px;
 
 
 
 
position:sticky;
 
 
 
 
left:0px;

例)ごめん・なはり線
 
時刻表のひな形
http://neconote.jp/prg/table_sticky.html
P.S.
 
時刻表は、後日、sticky版に差し替えます。
 
 左足首の捻挫が良くならず、激しい動きに耐えられないので、6月いっぱいは、火曜日と土曜日の合気道場をお休みさせて頂き、公開練習日は「水曜日19:00~@ガレコレ(奈半利町平)」のみにします。

 なお、合気道体験教室の無料キャンペーンは、6月いっぱいで「土曜日19:00~@ガレコレ」(奈半利町平)のみで、指導者は岩瀬のみで受付けています。激しい運動ではないので、何とか出来ます。

[合気道体験教室の申込]
http://neconote.jp/form.php?title=合気道体験教室の申込&body=6月*日(土)19:00~
 

過去のボレコ(ブログ)
2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007

【特集】
ゆず狩り
かかし集う コスモスの郷 平へようこそ!

【アクセス】
🚩
🗺 ガレコレ&海辺の自然学校
🗺 加領郷小学校
ごめん・なはり線 時刻表/運賃表

【お仕事】
※ガレコレでは、各部署がいつでも独立できるように、部署名に将来の屋号を取り入れています👍
 
サンズイ🌊
※サンズイ[SANZUI]は、海岸線事業部門
 
ネコノテ🐈
※ネコノテ [NeCoNote]は、コンピューター部門
 
十畳合気道場✋
※十畳合気道場 [JuJo]は、武道部門
 
その他の活動
活動記録

【ガレコレって?】
ガレコレ
・代表 岩瀬洋一郎
・2004年11月3日起業
・現在、海岸線事業/コンピューター/合気道場の3事業に絞って活動しています。
 

【情報集】
気象状況


neconote.jp

Since 2015/11/26 総数276280 昨日159 今日146
お問い合わせ


by Network Communication Note