ガレコレ
Garage Collection


本日関連のブログ
 11月20日(日)に行われた合気会の講習会で練習した技から2本を取り上げて練習しました。

 右半身・左半身1回ずつを1セットとして、交互に練習します。片手持ちでは、相反する手のみ掴みます。しっかりと掴ませてから、技を繰り出します。



【片手持ち 入身投げ】

 当道場のように手刀を相手の喉まで上げず、相手の腰の上あたりで技を掛けます。

・流しでは、手刀は脇を締めて自分の腰に当て、体は相手とL字になります。完全に後ろに流してから、改めて相手に向くのではないと認識しています。

・手刀は、手の平を天にして、相手の手前に差し入れます。手刀が相手の腕の上に乗っかり、その高さは相手の腰の上です。手刀の峰で、相手の腹の皮一枚を、腹切りするように進めます。足は、相手の背面に真っ直ぐに浅く進めます。

・手刀の峰で、相手の鳩尾あたりを少し押します。相手の腰に入らず、相手が反りもしない位置を攻めています。

・相手の体の半分を斬るようにして、相手を仰向きに倒します。相手の体を全部斬り抜くのではありません。当道場流に言うならば、相手の近い側の軸に働きかけます。互いの足は、自然に絡みます。



【片肩取り 五教】

 『前襟取り 五教』と同じ感じです。

・相手が掴んだ相同じ手刀で、目潰しして、相手の肘裏に乗っけます。同時に体は、相手の肘が緩む程度に入身しています。位置と軽い押さえで、相手が攻撃しにくいようにしています。

・手刀を相手の手首まで滑らせます。当道場流に言えば、への字に被せます。

・相手の裏に少し入身して、相手を少し起こしてから、開き気味に転体して、五教で押さえます。最初から引くと、相手を呼び込んでしまいます。



P.S. 講習会に一緒に行った一番弟子が都合により休みなので、来週、もう一度練習します。
 
[令和4年度高知県合気道連盟演武大会・講習会]
https://kochiaikidou.com/event/


 一番弟子がインターネットで見つけてきました。見学は誰でも無料で、他流派でも講習会に参加できそうなので、とりあえず道着を携えて、二人で車を走らせます。会場受付でOKとのことなので、講習会に参加です。



 演武会では、間合い・揺らぎ・術・伸び伸びさといったところで、物足りなさは感じましたが、自分の現役の頃もそんなもんだったと思います。

 子ども達は、上手にやってました。子ども達には、何をどう教えればいいか、見えれば良かったのですが、ちょっと思い浮かびませんでした。



 講習会では、谷本敏夫先生(七段)の話はよく聞き取れなかったのですが、『大東流合気柔術』を垣間見ました。これを練習するのかと思いましたが、説明で使われた一般的な技を、合気会の方々と組ませていただき練習しました。

 練習では、右半身と左半身を1回ずつで1セット。片手持ちでは、相反する手のみ掴みます。しっかりと掴ませてから、技を繰り出すやり方と認識しました。技を掛けられてどれだけ耐えるのか、少しずつ合わせてみました。

 練習した技は、片手持ち側面入身投げ、片手持ち二教から五教、片肩取り五教、両手持ち天地投げ、座法両手持ち天地投げ。


 『片手持ち入身投げ』では、手刀を相手の肩まで上げず、相手の腰の上あたりで技を掛けました。


 『片肩取り五教』は、前襟取りと同じ感じでできました。正面から肩の衣服を掴む行為は無いなあとも思いました。


 『両手持ち天地投げ』は、高段者の先生とお相手させてもらえました。

 どのタイプの天地投げですべきか迷いましたが、<腰回し>は使わずに、とりあえず<入身浴びせ戻し>と<支え外し>も無しで行ったところ、小手先だけの中途半端な技になってしまい、相手の腕だけ持って行く羽目になりました。自分が道場生に、いつも言っていることですが、同じ指摘を受けました。「足は掛けないで」「違う毛等の合気道だな」とも言われてしまい恐縮です。

 郷に入れば郷に従えで、真似てみましたが、即席はなかなか上手くいきません。相手の手前で捌き、最後は地の手刀を立てて、体は真っ直ぐ入ってくる感じでした。帰って練習してみます。



 若いお二人とは、遠慮無しで掛け合いました。同じ技を異なる理屈で掛けているのですが、楽しいですね。自分もまだまだ若いと思えました。

 講習会で、いろんな方々と練習できて良かったです。今回練習した技を身に付けて、来年も参加したいですね。



P.S. 次回の十畳道場で復習してみます。どれだけ近づけられるか分かりませんが。



P.S.2 終了後は、高知市在住の幽霊部員を呼んで、スシロー高知インター店です。美味しかった。そして、会計が自動になっていてビックリ。チップじゃなくて、カメラで撮影した商品皿の画像情報なんだね。レーン外からのビールやコーヒーにも、しっかり対応していました。皿を値段ごとにまとめて店員さんを待っていた自分達は間抜けでした。凄い。

https://dcross.impress.co.jp/docs/usecase/001993.html
 
※写真は、2022年11月2日(水)撮影。


 案山子たちがお出迎え。

 県外の若者たちが、わざわざ寄ってくれました。


【開催期間】
2022年10月15日〜11月10日(木)
※お接待は、11月6日(日)まで。


[昨年までの平コスモス祭り]
http://neconote.jp/index.php?page=337
※今年の写真も、もうすぐアップしますね。
 

過去のボレコ(ブログ)
2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007

【特集】
ゆず狩り
かかし集うコスモスの郷

【地図】
🚩
ガレコレ&奈半利町海浜センター
元加領郷小学校
ごめん・なはり線 時刻表/運賃表

【お仕事】
※ガレコレでは、各部署がいつでも独立できるように、部署名に将来の屋号を取り入れています👍
 
 
 
サンズイ🌊
※サンズイ[SANZUI]は、海岸線事業部門
 
 
 
ネコノテ🐈
※ネコノテ [NeCoNote]は、コンピューター部門
 
 
 
十畳合気道場✋
※十畳合気道場 [JuJo]は、武道部門
 
 
 
その他の活動
活動記録

【ガレコレって?】
ガレコレ
・代表 岩瀬洋一郎
・2004年11月3日起業
・現在、海岸線事業/コンピューター/合気道場の3事業に絞って活動しています。
 

【情報集】
気象状況


neconote.jp

Since 2015/11/26
総数363354 昨日179 今日022
お問い合わせ


by Network Communication Note