ガレコレ
Garage Collection
トップページ


 医療
 いろいろな有識者会議があるもんです。分かりやすかったので、ご紹介しておきます。

COVID-19有識者会議
SARS-CoV-2変異株の特徴とワクチン開発の動向
2021-06-11
 
6:40
 
pm
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/6522

※病名:COVID-19[coronavirus
 
disease
 
2019、コロナウイルス疾患]
※ウイルス名:SARS-CoV-2

 SARSコロナウイルス(重症急性呼吸器症候群、2002年~2003年、アジアやカナダを中心に感染拡大)、MERSコロナウイルス(中東呼吸器症候群、2012年~、アラビア半島を起点にヨーロッパに感染拡大)と、今回のSARSコロナウイルス2とは、どんな関係があるのでしょうか? 近年、コロナウイルスが猛威を振るうようになった起因があるはずです。起因の根を絶たないと、SARSコロナウイルス2が収まっても、次のコロナウイルスに置き換わるだけです。



 なお、変異ウイルス名に『アミノ酸置換名』が使われているので、アミノ酸の略号が記載されているサイトを紹介しておきます。

アミノ酸の略号
アミノ酸の一文字略号と三文字略号
http://nomenclator.la.coocan.jp/chem/text/aminosym.htm

アルファ株:N501Y[501番目がアスパラギンからチロシンに変異]
デルタ株:L452R、P681R[452番目がロイシンからアルギニン、かつ、681番目がプロリンからアルギニンに変異した二重変異株]
※ギリシャ文字株は、WHOが5月31日に発表した新たな命名システム。



 突起たんぱく質が大きく変化した場合、コロナワクチンの効果の低減に繋がります。小さな変異も含めると20種以上は確認されているようです。

 RNAウイルスの変異は速く、mRNAワクチンの設計変更が可能だとしても、イタチごっこです。ワクチンが切り札としばしば言われますが、世界的パンデミックになってしまった以上、一時凌ぎと認識を改めるべきです。半年ごとにバージョンアップしたワクチンを接種できますか? 初期段階で封じ込めに失敗した以上、ロックダウンは時間稼ぎにすぎず、籠城である以上、援護の要素がなければ勝てません。

 SARSコロナウイルス2のパンデミックが収まるには、あらゆるシミュレーションを模索して、結果を世界共通認識にする必要があります。変異と無症状病原体保有者が大きなパラメータになることは、間違いありません。

 無症状病原体保有者が、抗体によって発症しないのなら問題ないのですが、コロナウイルスと共生関係にあるならば、戦略を一から見直す必要に迫られます。この辺りの知見は、インターネット上では探し出せていません。
 
 生データを眺める限り、重症化しない効果はありそうな気がします。しかし、現行ワクチンを接種した方も、デルタ株に掛かるということも分かります。

 なぜ、データの標準化をせずに、評価しているのでしょうか?

 現行ワクチンを接種した方も掛かるということをごまかしたい情報操作のようにも見えます。いずれにしても、一ヶ月もしない内に詳細が判明すると思います。

 そもそも「感染力が○○%強い」という表現は、統計上の生数値であり、科学的アプローチに欠いています。そろそろ、各変異株に対して、パラメータで表現しませんか?
 
 興味がある方は、参照してみて下さい。ウイルス感染とは、どんなことかは理解できるようになると思います。

[20210608更新]
 
[解説]
 
新型コロナウイルスのスパイク
 
(S)タンパク質とは?
https://crisp-bio.blog.jp/archives/23213830.html

 一般人には不必要な情報だと思いますので、このブログでは議論しませんが、幾つか疑問が生じました。まあ、勉強不足です。

①コロナワクチンによる細胞内へのmRNAの取り込むメカニズム。
②突起たんぱく質の細胞からのリリースのメカニズム。細胞膜が壊れる?
③このmRNAの総合的な寿命幅。
 

お問い合わせ


by Network Communication Note