ガレコレ
Garage Collection
トップページ


 ■パソコン・通信
 お客さんのHP
 
ProBook
 
4730s(岩瀬のお気に入りで最高にチューンアップしてある)でWindows10
 
20H2が全く起動しなくなり大変でした。まあ、もともとHP[ヒューレット・パッカード]では、この機種のサポートはWindows8.1までとしています。



【グラフィックス】※BIOSでOff

 結論から言うと、Windows10
 
20H2では、グラフィックス[AMD
 
Radeon™
 
HD
 
6490M]が機能せず、むしろ起動を邪魔していました。BIOSでグラフィックスをオフにすることで、解決します。暗中模索で、色々やりましたが、これだけで起動するようになるはずです。

--
起動時に[Esc]を押し続ける。
→F10
 
BIOS
 
Setup

BIOS画面
→[システム
 
コンフィギュレーション]タブ
→デバイス構成
→□切り替え可能なグラフィックス・・・チェックを外す。

→[終了]ボタン
→変更を保存しましか?[はい]
--

 Microsoft
 
Windowsの開発は、CPUがIntelペースなので、AMDではトラブることがしばしばあると認識しています。今回、グラフィックスがAMDでもトラブることを実際に確認しました。HPもAMDも、最新のWindows10に対応するドライバー供給がなされていません。購入されてから長期間使用される方は、今後の購入の選択肢から外した方が無難です。



【スピーカー】※IDT
 
High
 
Definition
 
Audio
 
CODEC以外のドライバー

 音が鳴りません。

--
オーディオ機能[SRS
 
Premium
 
Sound™、High
 
Definition
 
Audio
 
support、内蔵ステレオスピーカー、内蔵マイク]
※岩瀬のさらに古いDELL
 
Inspiron
 
1564も、SRS
 
Premium
 
Soundですが、ちゃんと音が出ます。
--

 いろいろやったところ、デバイスマネージャーでドライバーを別のものに指定することで、音が鳴るようになりました。

--
IDT
 
High
 
Definition
 
Audio
 
CODEC
→High
 
Definition
 
Audio
--

 Windows
 
Update後に、内臓スピーカーから音が鳴らなくなったり、音が次第に小さくなったりする経験は幾つかあります。いずれも、ドライバー等の更新で問題解決に至っています。



【内蔵Webカメラ】

 内臓Webカメラの作動を確認しました。

 ちなみに、岩瀬のDELL
 
Inspiron
 
1564では、Windows10がメジャーバージョンアップするたびに、作動したりしなかったりで困っています。Windows10
 
20H2では、Zoomでビデオが使えません。



 あとから考えると不要な作業かもしれませんが、備忘録として残しておきます。

 起動時に[F8]で、修理画面に入れます。

 結局、個人データを残しながらのWindows10の再インストールまでやる破目に。何とかWindows10が起動したのですが、アプリの再インストールや設定が大変。CrystalDiskInfoでSSDをチェックすると、寿命が99と1減ってましたが、問題無し。原因は、回復ポイントの日付から、Windows
 
Updateと推測できます。Windows
 
Updateが最大のトラブルになるケースが多いこと多いこと。

 全部済んだかと思ったら、内臓スピーカーから音が出ません。ドライバー関連だろうと高をくくっていたら、どうやっても解決しません。HP
 
Support
 
Assistantを再インストールして診断してみるも、スピーカーが接続されていないとのこと。物理的に壊れているなど納得できません。

HP
 
Support
 
Assistant
https://jp.ext.hp.com/campaign/business/hpsupportassistant/


【アプリの再インストールおよび設定】
・Windows
 
Update
・NTTセキュリティソフト(トレンドマイクロOEM)
・Google
 
Chrome(ブラウザ)
・Mozilla
 
Thunderbird(メール)
・Kingsoft
 
Office2012
・Line
・Jw_cad
・高知県電子納品チェックシステム
・Amazon



P.S.
 
Windows11リリース直前で、悪意が感じられるWindows
 
Updateです。古いパソコン、まだまだ使えます。Microsoftさん、物理的に壊れるまで使わせて下さいな。



P.S.2
 
Windows11は利用できないと判断されました。Windows10
 
21H1がWindows
 
Updateから手動でインストールできますが、暇なときにしましょう。
 
 商売繁盛のように聞こえますね。でも、ちょっと前から作業代40分間1,000円に値上げしていますが、パソコン等のトラブルシューティングには時間が掛かるので、結局時給1,000円に遠慮しての請求です。機器が安くなった分、修理に掛けられる金額も釣り合っていた方が良いですよね。

 最近、雷が田野町などに落ちたそうで、かなりの数のルーターが壊れましたね。過去に岩瀬も奈半利町でルーターを3台やられました。瞬電の場合は、電源を入れ直すだけでOKなのですが、今回は悲しい結末ばかりでした。



 パソコン側の無線のDHCP(自動でIPを割り当てる機能)が機能しておらず、コマンドでいろいろやってもダメで、有線でDHCPが上手くいったケースもありました。問題は、ルーター側ではなく、パソコン側の無線機器と判断しました。

 まあ、ルーター絡みは機器の故障も多いので、順番にトラブルシューティングしていかないと嵌ってしまいます。きちんとやっても、Wi-Fi設定では、同じことを繰り返して、やっと認識するという奇妙な現象があります。最後は、信念とねちっこさが決め手となります。



 パソコン機種に寄りますが、日本語入力で不具合もありました。一点目は、キーボードで CDE# を押しても反応しないこと。二点目は、日本語変換で選択リストが高速に移動して止まらない(チカチカ状態)。

 外付けキーボードでも同様であり、問題はWindows側で、下記の変更ですべて解決。

設定>時刻と言語>言語>キーボード
既定の入力方式の上書き
[言語リストを使用します(推奨)]
 ↓
[日本語
 
-
 
Microsoft
 
IME]に変更。
 

お問い合わせ


by Network Communication Note