ガレコレ
Garage Collection
トップページ


 ■パソコン・通信
 PHPにおいて、関数内に、コネクト変数(オブジェクト)をグローバル変数として利用していました。どの時点かは不明ですが、このやり方ではエラーになっていました。関数内に、コネクト変数を定義することで、問題解決しました。

--
$conn
 
=
 
pg_connect("dbname=*****")
 
or
 
die("error:
 
connect;");

function
 
_before(){
 
 
 
 

 
 
global
 
$conn;
 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

}



function
 
_after(){
 
 
 
 

 
 
$conn
 
=
 
pg_connect("dbname=*****")
 
or
 
die("error:
 
connect;");
 
 

 
 

 
 

}
--



 グローバル変数の取り扱いの変更は、重大な問題です。コネクト変数の記述をすべて変更しなければいけませんが、インクルードファイルとNeCoNoteに関しては、すべて修正しました。試験的なPHPプロフラムに関しては、膨大なファイル数なので、重要なファイル以外の修正は、ご了承下さい。
 
 PHPの方は、先に修正済みです。

 遅ればせながら、date.js日付ライブラリの方も改正しました。ご自由にご利用下さい。

http://neconote.jp/prg/date.js


[サンプル]
http://neconote.jp/prg/holiday.html
 
 お客さんがスマホを新しくされました。今まで使っていたSDカードから容量の大きいSDに替えようとしたところ、スマホでも、パソコンでも「フォーマットして下さい」と言ってくるとのこと。

 すぐにスマホの型番を教えてもらって[kyv48
 
SDカード
 
認識しない]で検索しました。

https://www.au.com/online-manual/kyv48/kyv48_01/m_08_00_01.html

 おそらく、スマホは新しいので問題ないけれど、パソコンは古いのでSDカードが認識しないのではと判断しました。

 今回のSDカードは、たぶんSDHCと推測しました。スマホでフォーマットして下さい。パソコンではフォーマットしないで下さいね。



 SDカードも、随分容量が大きくなって、安くなりました。カードリーダーが、カード規格に対応していないと、読み込めません。

--
 
SDカード
 
--
【大きさ】
 ・SDカード
 ・miniSDカード(今は無いですね。)
 ・microSDカード

【SDカード規格と記憶容量】
 ・SDカード:2GBまで
 ・SDHCカード:4GB以上32GBまで
 ・SDXCカード:64GB以上2TBまで

【SDスピードクラス】
 ・Class2:最低2MB/秒
 ・Class4:最低4MB/秒
 ・Class6:6MB/秒
 ・Class10:最低10MB/秒(今はほとんどがこれです。)

【UHS
 
[Ultra
 
High
 
Speed]
 
スピードクラス(上位規格)】
 ・UHS
 
Speed
 
Class1:最低10MB/秒
 ・UHS
 
Speed
 
Class3:最低30MB/秒
--



 ヤマダ電機安芸店で待ち合わせて、USB2のカードリーダーを購入。値札約600円が、レジでは300円台でした、安い。久しぶりに、店員の小山[こやま]さんと会話しました。安い買い物でも、真摯に説明してくれて、いつも助かっています。



P.S.
 
お礼に、昼食をおごってもらうことになっていました。予定していたお好み焼き丸十はオーダーストップ13:30なので無理。元タコ焼き屋のお客さん曰く、イカモダン焼きがお勧めとのこと。

 堅焼きそばが食べたいと言うことで、中華料理屋ですね。鑫源[しんげん]、まあーりんしゅう、まだ行ったことのない禮印房[レインボー]。

 そして、禮印房に行きました。岩瀬は、天津飯大盛りです。どんぶりいっぱいにあんかけの海で、玉子の厚いこと、少し中華の香りがします。優しい薄味で、まあまあかな。堅焼きそば(炸麺[ザメン]:フライメン)は太麺で、少し油っこかったそうです。次回は、ネットで高評価の麻婆豆腐と冷麺にしてみます。
 
 この高知県中芸地区では、ピカラ中芸光ねっとを利用するしかありません。

 そのピカラが無料提供しているウイルス対策ソフトを、9月末日までに、カスペルスキーからノートンに移行しなければいけません。

 岩瀬は、ノートンに不具合が多いことを認識していたので、お客さんにもギリギリまでカスペルスキーを使いましょうと言ってきましたが、そうも言ってられない時期に来ました。カスペルスキーも、4月にいらんバージョンアップを行ってトラブルが相次いでいたので、移行に拍車がかかっていました。



 ノートンのインストールには、カスペルスキーのアンインストールが必須です。ノートンのインストーラーはややこしいのですが、ちゃんとカスペルスキーのアンインストールを促してきます。

 しかし、手順通りに行っても、カスペルスキーがアンインストールされずに、先に進めなくなるケースがあります。バージョン21にアップグレードしたときに、バージョン20の残骸が発生して、通常のやり方では消せなくなる場合があります。今回、ノートンのインストールで、この残骸が邪魔をしています。



 インターネット検索すると、kavremvr.exeで残骸を消すことができると分かりました。しかし、勝手にやってもいいのかと思い、あちゃこちゃ電話のたらい回しの末、『カスペルスキーサポートセンター』から下記のアドレスを教えて頂きました。何だ、同じでした。

https://support.kaspersky.co.jp/common/uninstall/1464#block2



 さっそく、ダウンロードして、kavremvr.exeを起動。さて、どのバージョンを選択していいのか、迷います。いろいろ試した結果、下記の選択で、バージョン20の残骸が削除できました。

Kaspersky
 
Free\Anti-Virus\Internet
 
Security\Total
 
Security\Kaspersky
 
Security
 
2020



 そして、ノートンのインストールは、上手くいきました。めでたしめでたし。
 

お問い合わせ


by Network Communication Note