ガレコレ [Garage Collection]
2024年1月21日(日)~終了日未定
コロナワクチンは猛毒 #医療
 現代では、一般者にも、ワクチンは免疫に関して有効であると、理解が浸透している。しかし、今提供され続いているコロナワクチンがどうかは別である。

 天然痘ワクチンの実績や、映画ではワクチンを打てば助かるなど、洗脳要素は巷に溢れている。少しの本当を混ぜ込むことで、嘘が嘘とは感じられなくなる。

 もう誤魔化せないところまで来ているのに、日本の政府・マスコミ・ジャーナリスト・自治体・国民は思考停止に陥っている。

 先日、音楽の相棒である72歳男性が亡くなった。風呂場での心筋梗塞とのこと。コロナワクチン接種は欠かさず受けておられていた。会うたびに、心筋梗塞などへの注意の促しに、元気なので大丈夫大丈夫と笑われていたのだが、無念の極みである。最近、知人がバタバタ亡くなっており、辛い。

 芸能人や有名人の訃報も連日である。いよいよ、死に至る毒の効果があらわになってきた。

 人生100年時代なんてまやかし。寿命は確実に10年は短くなったと感じている。超過死亡・平均寿命・健康寿命の動向が、それを示していくだろう。



 改めて日本国民に問う。果たして、コロナワクチンは、安全かつ有益なものだったのか? 問題整理すると、致命的な4点が浮かび上がってくる。

①コロナワクチン
・mRNA以外の内容成分の猛毒性。
・濃度や冷凍保存要や懸濁液に関する疑問。
・ロッド管理の非公開。
・筋肉注射によるIgG生成で、重症化予防になると言うが本当か? そもそも、鼻腔内投与による粘膜におけるIgA(二量体)生成でないと感染予防できない。インフルエンザワクチンについても同様で、経鼻生ワクチン(フルミスト)で感染予防できるとある。

②コロナワクチン本体であるmRNA
・修飾にて、分解されにくい。
・ターゲットである突起物に関する疑問。そもそも、接種するものが、不活性化ウイルスと同等のターゲットではなく、何故mRNAなのか?
・変異のイタチごっこには、そもそも勝てない。変異率は、早期に把握できたパラメータであったはず。
・同様なワクチンを、短期間で繰り返し接種して良いはずがない。IgG4関連疾患(G1/G3→G4)、抗体依存性増強現象[ADE: Antibody-dependent enhancement]。

③雛型であるDNAプラスミド
・修飾にて、分解されにくい。
・DNAプラスミドが、全く分解されずに丸ごと残留しているのに、DNA/RNA比が1/3000以下の意義はあるのか?
・ファイザー製に、SV40発ガンプロモーター。
・DNAプラスミドは、体内でどう挙動する?
・DNAプラスミドは、環境に拡散するのか?

④被害者の救済
・症状の要因が複数あることで複雑化して、程度や進行速度がまちまち。
・接種直後に亡くなっても、認定は難しいとして、補償を渋るのは日本国の常。
・解剖すれば、細胞組織の異常さが一目で分かるはず。解剖しても不明とは、無能と言うより、隠蔽の可能性が大。
・職場接種は、馬鹿げている。仕方なく、接種し続けている方も多い。
・取り返しがつかないことが、平気で行われていると認識しなければならない。



 コロナワクチンには、二重三重に罠が仕掛けられている。新型コロナウイルスと同様、もはや兵器である。

 いずれにしろ、史上最悪の薬害である。最大の問題は、実状を知ろうとせず、否定意見をデマと称して見下してきた日本政府にあり、それを鵜呑みにしてきた日本国民の愚かさである。製薬会社はもちろん、政府関係者は、国民の健康を害し、国民の寿命を短くしたとして、死罪に値するものである。現代史として、教科書などに記載すべき事件である。

 医療関係者・医療ジャーナリスト・自治体は、コロナワクチン接種の開始時期までに、勉強する時間があったはずである。自分はつたない頭とそこそこの知識で勉強して、コロナワクチンは危険と判断した。そして、自分は、小さい頃の病気で肺に影があり、感染すれば死に至ると考えたが、未接種であり、口頭やインターネットで注意喚起してきた。同時に、インターネット検索における情報規制も実感した。コロナワクチンを提供する側の者は、接種させる手筈だけを考えて、根本を精査しなかった。

 なお、WHOがパンデミック宣言した場合、批准国はワクチン接種を義務化するという、馬鹿げた法案が動いている。人類の行く末を見誤った法案であり、絶対に通してはならない。



P.S. 新型コロナウイルスが持つゲノム複製時のエラー校正機能を担うタンパク質(酵素)[nsp14: non-structural protein]が、メチル化GTPの量産により、mRNA核外輸送阻害とある。nsp14は変異率のコントロールとだけ認識していたが、まさかそのような阻害があるとは。そして、メチル化(CH3-)が様々な要因に絡んでいることに、改めて気付かされた。

 ちなみに、新型コロナウイルスは、サイズは100nmと大き目の部類。ゲノムは、プラス鎖一本鎖のRNAで、約3万塩基とRNAウイルスの中で最長。自分は、この点を不自然と感じている。宿主由来の脂質二重膜で被われているエンベロープ型で、アルコールで分解できるとある。

[大阪公立大学]
https://www.omu.ac.jp/info/research_news/entry-06545.html
新型コロナウイルスの発症や重篤化にも影響!
宿主の遺伝子発現を阻害する因子を新たに発見
2023年6月16日
大阪公立大学大学院 獣医学研究科の片平じゅん准教授らと、理化学研究所、大阪大学、愛媛県立医療技術大学、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所らの共同研究グループ
 
お問い合わせ


by Network Communication Note