ガレコレ [Garage Collection]
2024年1月6日(土)~終了日未定
工程と効果 #■合気道
 当道場の教え方は、『型を教える』のでも、漠然とした『流れを教える』のとも異なります。単なる言葉の綾かも知れませんが、『工程と効果を教える』としています。

 型や流れは『基準』として教えますが、『基本』とは考えないように、促しています。

 また、『円の体捌き』『円転無窮』と言った代表的な言葉から『正円』を思い描きがちですが、誤りを導いてしまうと感じています。正円では、自分の腕や相手を振り回しているに過ぎません。波/楕円弧/放物線/渦を用います。

 「相手がどう感じているか」が最重要です。相手や状況を判断して、間合い/軌跡/速度/手刀/体捌きを研究してみて下さい。

 等速運動ではなく、落下に見られるように、等加速度運動を上下だけでなく前後左右にも使います。擬似的に相手を浮かせたり、物凄い勢いで動かされた感じを与えます。

 相手と自分を微重力空間にいざなうことで、相手の力を削ぎ、同時に相手に力を出させません。相手の力を流すという言葉だけでは、言い表せません。



【正面打ち/突き 表技 一教押し倒し】

<工程>
・効果
:要点

▼流し(入身転体表)

<肘触れ>
・相手の攻撃に対して干渉して、軌道を変える。
:下から触れて、相手の外側斜め後ろに差し入れる。

<波乗り>

:手刀を波頭にして、相手の腕を押し出す。

<への字絡み>
・相手の腕がこちらに向かって来にくい。
:自分の肘がへの字の頂点。

<浮かし>
・流し以降に繋げる。
:手刀の親指を天に向ける。


▼表技 一教押し倒し

<目隠し>

:相手の肘を反すのではない。

<涙拭き>

:相手の手首と肘を水平移動。

<滝壺(飛び込みを改め)>

:相手の手首と肘を同じ高さのまま自然落下させるが、手首の方が早く落ちて、相手の腕が伸びる。

<突っかい棒>

:相手の側面から支える。正面からではない。

<外し>

:相手の体を壁として。相手の腕を反射。

<への字開き>

:への字の頂点である相手の肩が潰れ沈んでいくイメージ。

<釣り針>

:相手の親指が地を向き、人差し指と中指の二指のみで相手の手首橈骨を釣る。握って引っ張るのでも、肘を押し潰すのでもない。

<押さえ>

:相手の体-肩-肘-手首が、それぞれ逆への字で極まる。



【正面打ち/突き 裏技 小手返し】

<工程>効果:要点

▼流し(入身転体裏)

<肘触れ>



<山越え>



<への字絡み>



<浮かし>




▼裏技 小手返し

<>



<>



<>



<>



<>

 
お問い合わせ


by Network Communication Note