ガレコレ [Garage Collection]
2019年2月11日(月)
骨や関節の中心を外す ■合気道
 相手を動かすときも、関節技も、相手の骨や関節の中心を外して、力を伝えます。

 一見、骨や関節の中心を力が伝わった方が良いように思えます。しかし、それでは、相手にすぐに気付かれますし、相手の力が勝る場合に力負けします。

 力が骨や関節の表面を伝わるイメージで行います。これに、どのような効果があるかは、練習で体験してみて下さい。

 この理屈は、『腕1/4軸』や『心臓の表面のライン』といった術にも、大きく影響しています。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note