ガレコレ [Garage Collection]
2017年2月22日(水)
一瞥 ■合気道
 『騙し』を使わずして、合気道を語るなかれ。

 騙しにもいろいろあって、『一瞥』はかなり高等技術である。

 まず、戦いにおいて、自分の目線は相手の心臓辺りを照準として、相手の全体をぼやっとみる。相手の眼をずっと見て、戦うのではない。

 さて、面白いことに、不意に相手と目線が合ってしまうと、お互いに一瞬停止してしまう。これを利用してみようというのである。

 本来は相手も自分も停止してしまう瞬間を、自分だけ抜け出す。相手は、動けなかったとか、動きに付いていけなかったと感じる。つまり、相手の時間を止めた空間を、自分だけが動くことと同等なのである。この術を『一瞥[いちべつ]』と呼ぶことにする。

 原理は単純であるが、なかなか修得できるものでは無い。相手が違和感を感じて目線を合わせてくれることも、間合い良く真に目線が合った時に自分の停止を解くことも、結構難しい。一瞥だけを練習しようとすると、これまた滑稽な風景となり、あまり意味がない。頭の片隅に置いておいて、たまに意識して使ってみることとしよう。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note