ガレコレ [Garage Collection]
2017年1月13日(金)
小手返し ■合気道
 小手返しと言えば、合気道において、代表的な技の一つである。バリエーションも多く見かけるが、力技も、混ざっている。

 関節技として説明すれば、相手の腕をコの字に、手首を90度、肘を90度に曲げ、小手を小指側がコの中に入ってくるように外側に捻る。何も知らない素人に掛けるのであれば、これでも極まり、絶大な効果を得ることができる。

 しかし、馬鹿力の前では、上記のような関節技は無効である。例えが悪いが、熊に掛かるかと笑う。

 関節は、逆手には取らず、曲がるように曲げ、開くように開くことが基本である。最初からこう教えてもらってきているのに、いつの間にか、相手の関節を極めることで強くなったと勘違いし、関節技に固執してしまうのは、弱い人間の悲しい性である。

 攻撃してきた相手の腕を『山越え』によって伸ばし、折り返し肘および手首を曲げて相手に戻し、折り返し開いて投げる。折り返しでは、『レ点の返し』に従う。開きでは、相手の親指を地に向け、相手の腕1/4上部内側を水平から地へとして投げる。

 自分のいた辺りを渦の中心として、相手の肘を落とす。相手の手首では浅く、相手の体を飲み込みにくい。もちろん、自分の体がいつまでも同じ場所にいたのでは、単に相手を呼び込んでしまうので、サッと移動する。


P.S. 関節技を含んでいる小手回し、小手捻りなども、関節を極めることに固執してはいけない。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note