ガレコレ [Garage Collection]
2016年3月11日(金)
素数 [a prime (number)] ■合気道
 素数の個数は無限である。

 紀元前3世紀、エジプトのアレキサンドリアのエウクレイデス(英語 Euclid:ユークリッド)が背理法を用いて証明している。

 簡単に述べると、最大と考える素数Pmaxがあると仮定して、素数をすべて掛け合わせたものに1を加えた数字が素数であることから矛盾して、仮定に誤りがあり、故に素数は無限にあると証明した。

 2×3×5×7×11×・・・×Pmax+1

 何だ、素数って簡単じゃないかと踏み込んで、人生を台無しにした人が数知れない。自分も、面白半分に挑戦したことがあるが、無理だと思い知らされたものだ。

 では、合気道と素数は関係があるのかというと、どちらとも言えない。素数で示すといい感じで説明できることがある。

 具体的な数字で表せないときは、半分とか、未満とか使ってお茶を濁している。解が1つということではなく、解は存在確立と考えるべきであろう。

 相手がどう感じているかを数字で表すことは意義のあることだが、ある意味、素数の研究に足を突っ込んだようなものかもしれない。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note