ガレコレ [Garage Collection]
2016年3月7日(月)
腕は体の前に浮く ■合気道
 腕の力を抜きなさい、肩の力を抜きなさいとよく言われたものである。

 力を抜いて、体の横で、だらりんと落ちている腕は、武術的に意味はない。

 椅子にひじ掛けがあるように、水中や宇宙で腕が幽霊さながらになるように、楽な腕の位置は体の前である。そもそも、四足歩行を考えたとき、二足直立不動では肩に捻じれが生じている。

 『立禅』というものがある。体術として意味がある。腕が体の前の良い位置にあると気持ちが良い。そして、無重力または微重力を垣間見ることができる。

 合気道では、相手も自分も微重力にいざなうことが重要である。お互いの腕の位置が微重力への鍵である。微重力は気持ちが良い。気持ちが良いときは、多少何をやられても、気づきにくい。これが『騙し』の本質である。

 もちろん、力と速さが十分に上回れば、騙しは不要である。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note