ガレコレ [Garage Collection]
2015年6月30日(火)
[551] 突き流し ■合気道
19:00~20:30/岩瀬、新徳

【突き流し裏】
・相手の右追い突きに対して、左手刀平で相手の肘(二の腕の腱)に下から触れる。
 ・相手の突きを、相手の心臓の表面のライン、自分の肩口のラインに反らす。
  ×押し過ぎない。
 ・相手との間合いを保ち、共有空間を発生させる。
・右手刀甲で相手の手首に下から触れる。
・両手刀に体が釣られて、左足が半歩出る。
 ×足から出るのではない。
 ・本来は、上澄みで移動し、手刀は自由にして、相手に触れれば手刀から体にフィードバックすると考える。
・左手刀はそのまま指先で山越え、右手刀は反して相手の手首を受けるように整える。
 ・左手刀と右手刀は捻じれて、同じ形になる。
  ×左手刀と右手刀を同じようには使うのではない。
 ×払わない。
 ×切り落とさない。
 ・両手刀は、五指で行う。
  ・一指(親指)は相手の腕の下になる。
   ・一指は相手の腕の上でも構わない。
   ×一指が四指に重ならない。(掴まない。)
・レ点の返しで相手の腕を両手刀に吸い込む。
・相手の腕の無意識的反応を、柳で受ける。
 ・柳では、足裏に根が張り、脚は幹となり、上澄みは枝となる。
  ・揺れの支点は、脛または脹脛にある。
  ×支点が足裏で、地面で折れてしまっては、柳にならない。
・相手の側面に対して、90度にて左半身になる。
 ×開きすぎてはいけない。
 ×相手の腕を振り回すのではない。

【突き流し表】
・相手の右追い突きに対して、右手刀平で相手の肘裏(二の腕の腱)に下から触れる。
・相手の腕を、手刀の前腕で遊ばせる。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note