ガレコレ
Garage Collection
トップページ


 すべて
 いろいろな有識者会議があるもんです。分かりやすかったので、ご紹介しておきます。

COVID-19有識者会議
SARS-CoV-2変異株の特徴とワクチン開発の動向
2021-06-11
 
6:40
 
pm
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/6522

※病名:COVID-19[coronavirus
 
disease
 
2019、コロナウイルス疾患]
※ウイルス名:SARS-CoV-2

 SARSコロナウイルス(重症急性呼吸器症候群、2002年~2003年、アジアやカナダを中心に感染拡大)、MERSコロナウイルス(中東呼吸器症候群、2012年~、アラビア半島を起点にヨーロッパに感染拡大)と、今回のSARSコロナウイルス2とは、どんな関係があるのでしょうか? 近年、コロナウイルスが猛威を振るうようになった起因があるはずです。起因の根を絶たないと、SARSコロナウイルス2が収まっても、次のコロナウイルスに置き換わるだけです。



 なお、変異ウイルス名に『アミノ酸置換名』が使われているので、アミノ酸の略号が記載されているサイトを紹介しておきます。

アミノ酸の略号
アミノ酸の一文字略号と三文字略号
http://nomenclator.la.coocan.jp/chem/text/aminosym.htm

アルファ株:N501Y[501番目がアスパラギンからチロシンに変異]
デルタ株:L452R、P681R[452番目がロイシンからアルギニン、かつ、681番目がプロリンからアルギニンに変異した二重変異株]
※ギリシャ文字株は、WHOが5月31日に発表した新たな命名システム。



 突起たんぱく質が大きく変化した場合、コロナワクチンの効果の低減に繋がります。小さな変異も含めると20種以上は確認されているようです。

 RNAウイルスの変異は速く、mRNAワクチンの設計変更が可能だとしても、イタチごっこです。ワクチンが切り札としばしば言われますが、世界的パンデミックになってしまった以上、一時凌ぎと認識を改めるべきです。半年ごとにバージョンアップしたワクチンを接種できますか? 初期段階で封じ込めに失敗した以上、ロックダウンは時間稼ぎにすぎず、籠城である以上、援護の要素がなければ勝てません。

 SARSコロナウイルス2のパンデミックが収まるには、あらゆるシミュレーションを模索して、結果を世界共通認識にする必要があります。変異と無症状病原体保有者が大きなパラメータになることは、間違いありません。

 無症状病原体保有者が、抗体によって発症しないのなら問題ないのですが、コロナウイルスと共生関係にあるならば、戦略を一から見直す必要に迫られます。この辺りの知見は、インターネット上では探し出せていません。
 
 生データを眺める限り、重症化しない効果はありそうな気がします。しかし、現行ワクチンを接種した方も、デルタ株に掛かるということも分かります。

 なぜ、データの標準化をせずに、評価しているのでしょうか?

 現行ワクチンを接種した方も掛かるということをごまかしたい情報操作のようにも見えます。いずれにしても、一ヶ月もしない内に詳細が判明すると思います。

 そもそも「感染力が○○%強い」という表現は、統計上の生数値であり、科学的アプローチに欠いています。そろそろ、各変異株に対して、パラメータで表現しませんか?
 
 先月、坂で滑って捻挫してから早4週間。まだ左足の腫れは残っていますが、足首の痛みはほどんど無く、可動域もほぼ戻っています。普通の生活には、問題ありません。月曜日から草刈り作業を復活させますが、どれくらい耐えれるかは不明です。ぼちぼちしかできないかもしれません。

 さて、小さい頃からですが、体調が悪いと、左胸の体中央側に黄だんまたは赤い痣が現れて、調子が戻ると、消えます。

┌──┘└──┐
│      │
││* ■*││
││    ││

 よくよく考えれば、帯状疱疹[たいじょうほうしん]なんでしょう。怪我して免疫力が落ちていた証拠ですね。左胸は、自分で発見しやすい場所ですが、見えにくいところにも発生しているのかもしれません。

 今回は赤い痣が現れていたのですが、水曜日には薄くなってきているのが確認できて、土曜日に完全に無くなっていました。ゆずFeSに関してのいざこざに一区切りがついたので、精神的にも開放されたのが、とどめの一因かもしれません。

 『中西さんのリラクゼーション』@安芸市下山にて、足つぼマッサージ(正確には反射区)を習って、2月から毎日欠かさずというより、日に何度も行っており、足指の感覚が戻ってきています。捻挫した左足は、少し後退していましたが、ここ一週間で遅れを取り戻しています。足指の表面のツッパリも弱まり、足指を冷やしてしまう以前みたいに、足裏に熱が戻ってきています。ギョサンを履いても、違和感がありません。自分の場合、反射区というより、直接、足指に効果が出ています。


P.S.
 
苦しい1ヶ月間でした。こんな日には、いいこともあり、いごっそラーメンに行けばおすそ分けのおすそ分けでサツマイモを頂き、たのたの温泉に行けば農家のおんちゃんからトマトの撥ね物をどっちゃり。今週は、ナス、タマネギ、ジャガイモ、ピーマン、キュウリも。本当にありがとうございます。相変わらず、頂き物で凌いでいるガレコレです。
 
 部会長、副部会長には、このような会を開催して頂いて、感謝しております。協議会事務局とのいざこざに一区切りつきました。各WGも、一旦立ち止まって、仕切り直しするには良い会でした。来週から6月末にかけて、午後や雨日に、精力的にゆずFeSで動きますので、よろしくお願いします。

 とは言え、(インド型)デルタ株コロナウイルスが広がり出し、東京オリンピックも開催されそうなので、まったく見通しが利きません。中芸の名だたるイベントは、軒並み中止という情報も入ってきています。今年度は、ゆずFeSを開催せずに、準備に徹したいと考えており、早々にメンバーに諮ることにしています。


P.S.
 
このブログは日曜日1:20に書いていますが、救急車のサイレンが聞こえます。命を社会的に維持するということは、大変なことです。
 

お問い合わせ


by Network Communication Note