高知あたご劇場
トップページ [ブログ&お知らせ] カレンダー 掲示板
ブログお知らせ
【上映作品】
2020年4月18日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの下↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
4月18日(土)~5月1日(金)『イーディ、83歳はじめての山登り』
上映時間 12:00~/1:50~/3:40~/6:00~(102分)        
※各回入替なし ※毎週火曜日休館
人生を楽しむことに、いつだって遅すぎることはない!
家族のためだけに生きてきた…イギリス老婦人、自分のための一歩。

5月2日(土)~5月14日(木)『家族を想うとき』
5月15日(金)~『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』
 
2020年4月4日(土)~17日(金)
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 上映作品
上映時間 12:00~/2:10~/6:00~(120分)       
※各回入替なし ※毎週火曜日休館

 ナチスナンバー3と言われた男ラインハルト・ハイドリヒ。「ユダヤ人絶滅政策」を推進し、その残虐性から「金髪の野獣」と呼ばれた男を暗殺すべく、自らの命を犠牲にして立ち向かった若き男たちの戦いを描く極上の戦争サスペンス。
 1941年冬、ナチス統治下のチェコ。イギリス政府とチェコ亡命政府の指令を受け、二人のチェコ軍人ヤンとヨゼフがパラシュートでプラハに潜入した。彼らの目的は、ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺、コードネーム「エンスラポイド(類人猿)作戦」だった。国内に潜むレジスタンスの協力を得て、愛する祖国の未来と平和のために、無謀ともとれる作戦に臨むが、彼らを待ち受けていたのは、想像を遥かに凌駕する壮絶な闘いだった——。
 『ダンケルク』のキリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナンが共演。監督・脚本は、『フローズン・タイム』のショーン・エリス。膨大な歴史的資料を調べあげ、本作のための準備に15年もの年月を費やし製作した。2017年チェコ・アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など14部門にノミネートされた話題作。
(2016年/チェコ・イギリス・フランス)
 
2020年3月21日(土)~4月3日(金)
パリに見出されたピアニスト 上映作品
上映時間 12:00~/2:00~/4:00~/6:00~(106分)        
※各回入替なし ※毎週火曜日休館  

 裕福でない生まれの青年・マチューはピアノを弾くことが好きだったが不良仲間には隠している。彼がパリ、北駅に置かれているピアノを弾くのを聞いた名門音楽院のディレクター・ピエールは思わず声をかけるがマチューは逃げた。仲間とともに盗みで捕まったマチューに手を差し伸べたのはピエールだった。刑の代わりに音楽院の清掃奉仕と、ピアノ教師エリザベスの厳しいレッスンを受けることになったマチュー。ピエールは彼をピアニストに育てたかったのだ。反抗的だったマチューだったが、自分の立場を賭けたピエールの熱意に動かされる…。

 夢を持たずに生きてきた青年と、彼の才能を見いだしピアニストに育てようとする2人の大人たちの物語を描くフランス製ヒューマンドラマ。 
 主演のジュール・ベンシェトリはジャン・ルイ・トランティニャンの孫の期待の新人。『私生活のない女』などのランベール・ウィルソン、『イングリッシュ・ペイシェント』『ウィンストン・チャーチル』のクリスティン・スコット・トーマス共演。 
監督はルドヴィク・バーナード。

(2018年/フランス・ベルギー)
 
2020年3月7日(土)~20日(金)
存在のない子供たち 上映作品
上映時間 12:00~/2:15~/6:00~(125分)      
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 

 胸をつかれる衝撃と感動!貧困と絶望の中で、小さき少年ゼインに宿る、弱き者を守りたいという逞しく強い愛情を描くドラマ。
カンヌ国際映画祭で審査員賞とエキュメニカル審査員賞を受賞、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート。
 わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に劣悪な労働を強いられていた。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な“現実”だった。果たしてゼインの未来は―。 
レバノンの女性監督ナディーン・ラバキーが、中東の貧困・移民問題を抉り出した人間ドラマ。ブレッソン流というかゼインをはじめとして出演者に全員一般人を起用、しかもそれぞれ難民、移民労働、路上生活、服役など赤ん坊に至るまで映画の内容そのものの背景を持っている。プロヂューサー・音楽はレバノンのミュージシャンで監督の夫のハーレド・ムザンナル。
(2018年/レバノン)
 
2020年2月22日(土)~3月6日(金)
お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ 上映作品
上映時間 12:00~/1:50~/3:40~/6:00~(104分)     
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 

愛情ひと匙、小言は大匙。
認知症になった母親が残した一冊の料理帖を通し、心身をいたわる家庭料理の数々と、母親の家族への思いや愛情を描いた韓国製ヒューマンドラマ。
女手ひとつで惣菜屋を営みながら、子どもを育ててきたエラン。しかし、息子のギュヒョンは万年非常勤講師で生活能力に乏しく、妻に頼りきりで、エランが孫の面倒を見ることも多かった。そんな息子の姿に自分勝手だった夫の影を見るようで、つい小言をもらしてしまうエラン。それでも家族のために日々料理を続けていたある日、認知症の症状が表れはじめる。やがて息子のギュヒョンは母を介護施設に預けることを決め、家の中を片付けていると、一冊のノートを見つける。そこにはエランが息子や孫に宛てた自家製レシピと、家族への思いがつづられていた…。
母親役は『新感染 ファイナル・エクスプレス』などにも出演している、キャリア50年以上のベテラン女優イ・ヒュシル。ほかイ・ジョンヒョク、キム・ソンウン出演。監督は『犬どろぼう完全計画』のキム・ソンホ。
(2018年/韓国)
 

お問い合わせ