高知あたご劇場
トップページ [ブログ&お知らせ] カレンダー 掲示板
ブログお知らせ
【上映作品】
2020年2月22日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの下↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
2月22日(土)~3月6日(金)『お料理帖 息子に遺す記憶のレシピ』
認知症の母が遺す料理帖から溢れる家族への想い…。
上映時間 12:00~/1:50~/3:40~/6:00~(104分)     
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 

3月7日(土)~20日(金)『存在のない子供たち』
貧困と絶望の中で懸命に生きる子ども達の衝撃と感動。
カンヌ国際映画祭で審査員賞とエキュメニカル審査員賞を受賞。
上映時間 12:00~/2:15~/6:00~(125分)     
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 
 
2020年2月8日(土)~21日(金)
樹木希林追悼特集『あん』『日日是好日』 上映作品
『あん』『日日是好日』二本立て上映
上映時間 あん 12:00~/3:45~/7:30~(113分)
    日日是好日 14:00~/5:45~(100分)   
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 
飄々としたユーモアの中からにじみ出てくる味わい、人間味…。
樹木希林さんの魅力がよく出た感動作を二本、上映します。

『あん』小さなどら焼き屋に、老女・徳江が雇ってほしいと訪ねてきて、置いていった粒あんは素晴らしいものだった。店長は徳江を雇い、店は大繁盛する。しかし、彼女がハンセン病という噂が立ち、店長は徳江を守ろうとうするが客足は途絶え、徳江は姿を消す。店長は徳江を訪ね、社会に出たかった彼女の思いを知る。
共演:永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子ほか。監督・脚本:河瀨直美。日本アカデミー賞ほかで多数主演女優賞の、希林さん最後の主演作。

『日日是好日』母の勧めで従妹と一緒に茶道を習うことにした大学生・典子。「タダモノではない」と噂の武田先生(樹木)の教室に通い、お茶を続ける典子。そして10年、従妹はやめて就職、後輩にも抜かれ、取り残された思いもあるが、わかってきた事、見えてきたものがあった。そんな彼女に転機が訪れる…。
共演:黒木華、多部未華子ほか。監督・脚本:大森立嗣。
希林さん没後に公開されて話題を呼んだ秀作。日本アカデミー賞ほかで助演女優賞受賞。
 
2020年1月25日(土)~2月7日(金)
さらば愛しきアウトロー 上映作品
上映時間 12:00~/1:40~/3:20~/6:00~(93分)    
※各回入替なし ※毎週火曜日休館

ハリウッドの伝説、ロバート・レッドフォード俳優引退作!
16回の脱獄と銀行強盗を繰り返しながら、だれ一人傷つけなかった実在の男フォレスト・タッカーの物語。『明日に向かって撃て!』『スティング』に連なる爽やかなアウトロー役でその幕を下ろす必見作。
 80年代初頭、アメリカ。ポケットに入れた拳銃をチラリと見せるだけで、微笑みながら誰ひとり傷つけず、目的を遂げる銀行強盗がいた。彼の名はフォレスト・タッカー、74歳。被害者のはずの銀行の窓口係や支店長は彼のことを、「紳士だった」「礼儀正しかった」と口々に誉めそやす。事件を担当することになったジョン・ハント刑事も、追いかければ追いかけるほどフォレストの生き方に魅了されていく。彼が堅気ではないと感じながらも、心を奪われてしまった恋人もいた。そんな中、フォレストは仲間のテディとウォラーと共に、かつてない“デカいヤマ”を計画し、まんまと成功させる。だが、“黄昏ギャング”と大々的に報道されたために、予想もしなかった危機にさらされる─。
 フォレストを追う刑事には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞を受賞したケイシー・アフレック。フォレストの最後の恋人役にはこれもアカデミー賞女優のシシー・スペイセク。ほかにダニー・グローバー、トム・ウェイツ、チカ・サンプター共演。脚本・監督は「この映画は思いのたけを込めたレッドフォードへのラブレターだ。」というサンダンス映画祭で頭角を現したデヴィッド・ロウリー。
(2018年/アメリカ)
 
2020年1月11日(土)~24日(金)
こはく 上映作品
上映時間 12:00~/1:55~/3:50~/6:00~(104分)     
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 

「人は孤独とよ。」幼いころに突然姿を消した父を必死に捜し歩く兄弟の姿を、長崎を舞台に描いたヒューマンドラマ。
 長崎県に暮らす亮太は、消えた父が借金と共に残したガラス細工の工場を受け継ぎ、何とか立て直そうとしていた。しかし、亮太自身も父と同じように離婚を経験し、子どもたちと会うことがかなわずにいた。ある日、亮太は定職に就くことなくブラブラした生活を送る兄の章一から、町で偶然父の姿を見かけたと告げられる。しかし、虚言癖がある兄の言葉を亮太はにわかに信じることができなかった。そんな折に現在の妻である友里恵から「お父さんになる自信、ある?」と妊娠を告げられた亮太は、自分が父のいない過去を引きずったまま生きていることに気づかされる。
 俳優の井浦新と、本名の「大橋彰」名義で出演した芸人のアキラ100%が、井浦が弟・亮太役、大橋が兄・章一役をそれぞれ演じる。ほかに遠藤久美子、嶋田久作、塩田みう、寿大聡、鶴田真由、石倉三郎、木内みどり、鶴見辰吾。
「ゆらり」の横尾初喜監督の、幼少期の実体験をベースに故郷長崎県でオールロケ。「きらきら眼鏡」の守口悠介が脚本を執筆した。

(2019年/日本)
 
2019年12月28日(土)~2020年1月10日(金)
レディ・マエストロ 上映作品
上映時間 12:00~/2:30~/6:00~ (139分)     
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 ※年末年始12月31日~1月2日休館です。 

女性が指揮者になるという夢を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその夢を掴んだ女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコ。彼女の波乱万丈な道のりを、マーラー「交響曲第4番」、ストラビンスキー「火の鳥」など数々の名曲とともに描き出す。 
1926年、ニューヨーク。オランダからの移民アントニアは、指揮者になるためならどんな困難にも挑むと決めていた。音楽への情熱だけは誰にも負けない彼女は、ナイトクラブでピアノを弾いて稼いだ学費で音楽学校へ通い始めるが、ある事件によって退学を余儀なくされる。引き止める恋人を置いてベルリンへ向かった彼女は、遂に女性に指揮を教えてくれる師と巡り合い、まるで何かに取り憑かれたかのようにレッスンに没頭するが……。 
監督・脚本はオランダの女性監督マリア・ぺーテルス。出演はコリスタン・デ・ブラーン、ベンジャミン・ウェインライドほか。 

(2018年/オランダ) 
 

お問い合わせ