カレンダー(上映作品/イベント/休館)
掲示板
アクセス
入場料金
写真館
劇場紹介

お知らせ
2018年7月7日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの下↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
7月7日(土)~7月20日(金)『ラッキー』

今秋公開予定 高知ロケ作品『カスリコ』
 
2018年7月2日(月)~6日(金)
優秀映画鑑賞推進事業Qプログラム 上映作品
女優高峰秀子と家族・夫婦の名作特集
『名もなく貧しく美しく』11:30~/7:25~(130分)
『裸の島』1:45~(96分)
『この広い空のどこかに』3:30~(111分)
『煙突の見える場所』5:30~(108分)
※この催しは火曜も上映します

戦後の混乱を乗り越え、復興の時を迎えた日本に生きる様々な家族や夫婦の姿を描いた作品を上映いたします。また、今なお人気の高い女優・高峰秀子が4本中3本に出演しているのも見どころです。

主催:あたご劇場/文化庁/国立映画アーカイブ
協賛:木下グループ 協力:株式会社オーエムシー
 
2018年6月30日(土)~7月1日(日)
臨時休館 上映作品
 
2018年6月16日(土)~29日(金)
フェリーニに恋して 上映作品
上映時間 12:00~/2:00~/6:00~(103分)       
※各回入替なし ※毎週火曜日休館  

 20歳のルーシーは引きこもりで母親に守られていた。母の末期がんを知ったルーシーは早く自立しなければ、と思うがうまくいかない。そんな時、イタリアの巨匠監督フェリーニの映画祭で彼の映画に魅了されたルーシーは、フェリーニに会おうと一人でイタリアに旅立つ。『道』『81/2』などのフェリーニ映画の登場人物に誘われながら、幻想と現実が絡み合う彼女の旅の終着点は?
少女が、憧れのフェリーニを探してイタリアを旅することで成長していくさまを、フェリーニ作品へのオマージュや、ローマ、ベネチアなどイタリアの美しい都市の風景とともにファンタジックに描いたドラマ。

出演:クセニア・ソロ、マリア・ベロ、メアリー・リン・ライスカブ
脚本:ナンシー・カートライト 監督:タロン・レクストン

(2016年/アメリカ) 
 
ブログ
2018年6月2日(土)~15日(金)
星めぐりの町 上映作品
上映時間 12:00~/2:00~/6:00~(108分)      
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 

50年以上のキャリアがある俳優・小林稔侍の映画初主演作品。
豆腐の製造・移動販売を営む寡黙な男は、遠縁の、東日本大震災で家族を失い心に傷を負った少年を引き取る。少年は自然に根ざした男との暮らしから少しずつ心を再生させていく。

出演:小林稔侍、荒井陽太、壇蜜、高島礼子、平田満、六平直政、神戸浩
監督・脚本:黒土三男『蝉しぐれ』

(2018年/日本) 
 
2018年5月12日(土)~6月1日(金)
さらば青春、されど青春。 上映作品
上映時間 11:00~/1:10~/3:20~/6:30~(114分)     
※各回入替なし ※毎週火曜日休館 

――選ぶべきは、真実か?現実か?―― 昭和50年代の東京。故郷を離れて名門大学に進学した中道真一は、真面目で志も高く、勉学に励んだ末に大手商社に就職。将来を期待されエリート街道を進むが、実は誰にも言えない秘密を抱えていた。それは、学生時代に霊的覚醒を体験してから、神々とのコンタクトが続いているということだった。そんなある日、真一は同じ会社に勤める都会的で洗練された女性・額田美子と運命的な出会いを果たし、惹かれあうが……。

出演:大川宏洋、千眼美子、石橋保、芦川よしみ、龍輝、長谷川奈央、梅崎快人、伊良子未來、日向丈、ビートきよし、木下ほうか
監督:赤羽博 主題歌:千眼美子
原案・製作総指揮:大川隆法
(2018年/日本)
 
2018年4月28日(土)~5月11日(金)
ゴッホ 最期の手紙 上映作品
上映時間 12:00~/1:45~/3:30~/6:00~(96分)    
※各回入替なし ※毎週火曜日休館   

世界中の人々を魅了する名画を残した巨匠フィンセント・ファン・ゴッホ。彼は本当に自ら命を絶ったのか?彼の遺体に残された弾痕の真相は?配達されなかったゴッホの手紙を託された青年が、天才画家の死の真相を追う。
実写撮影された映像が、125名の画家たちの筆による62,450枚もの油絵を繋げて、世界初の全編が「動く油絵」に生まれ変わった。愛されつづけた名画の数々が100年の時を超えて動き出す、アカデミー賞受賞スタッフが贈る体感型アート・サスペンス。

出演:ダグラス・ブース、ヘレン・マックロリー、シアーシャ・ローナン、エイダン・ターナーほか
監督・脚本:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
本年度アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネート
(2017年/イギリス・ポーランド)
 
 
 
お問い合わせ
Since 2013/9/1 総数185020 昨日090 今日086