カレンダー(上映作品/イベント/休館)
掲示板
アクセス
入場料金
写真館
劇場紹介

お知らせ
2024年7月27日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの↑↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
・インスタグラムは[atago_gekijo]で検索してください(管理者館主水田サリー)。

※5月18日から契約駐車場のスタンプを有料とさせていただきます。入場料と別に窓口で貰い受け、実費330円です。館主の決定です。割引券との併用不可の制限も無くなりますので、割引券をご活用くださるとご負担増を抑えられると思います。HPの[アクセス]内の契約駐車場の箇所の記述も変更しました。

※館主案件変更 7月27日(土)より月・火曜休館の週5日営業にいたします。

※館主案件 6月8日(土)より7月26日(金)まで 週3日(土・日・水曜)営業にいたします。
シフトカットのため、休館日はサービス出勤時を除き劇場は無人ですので、お客様・お取引先様でお急ぎのお問い合わせは館主水田サリーの経営するインドネシア料理店デワタバリカフェ【090-2822-1745】までお願いいたします。どうしてもつながらないなどありましたら、私ワンオペ従業員西川の自宅【088-863-6547】まで。
・休館日には入口前にチラシ立てを出しておきます。

●7月27日(土)~『ビニールハウス』
《半地下はまだマシ》韓国主演女優賞他6冠!
ビニールハウスで暮らす訪問介護士の女、一瞬の選択が取り返しのつかない破滅に。負のスパイラルが加速する〈認知症老女すり替えサスペンス> 
 ビニールハウスに暮らすムンジョンの夢は、少年院にいる息子と再び一緒に暮らすこと。引っ越し資金を稼ぐために盲目の老人テガンと、その妻で重い認知症を患うファオクの訪問介護士として働いている。そんなある日、風呂場で突然暴れ出したファオクが、ムンジョンとの揉み合いの最中に床に後頭部を打ちつけ、そのまま息絶えてしまう。ムンジョンは息子との未来を守るため、認知症の自分の母親を連れて来て、ファオクの身代わりに据える。絶望の中で咄嗟に下したこの決断は、さらなる取り返しのつかない悲劇を招き寄せるのだった——。
「無垢なるつみびと─キム・ソヒョン演じる主人公のとぎすまされた孤独と向き合ううち、そんな言葉が思い浮かぶ。でも、いったい何が罪なのか、考えても答えがでない。」角田光代・作家
「納得できない現実を無理に笑って飲み込み続けている人に観てほしい。この映画の主人公は、まさにそういう人だ。というか、そうじゃない人は少ないと思う。観ていて本当に苦しくなる。」石井裕也監督(『月』『舟を編む』)
※1500円週間です(シニア1200円)

●『瞳をとじて』『アイアンクロ―』など2024年順次公開予定。

通常営業を続けております。 
劇場ではドアノブ・レバーなどの消毒を行います。また、入り口にアルコール消毒液を用意しております。お客様におかれましても、石けんの手洗いまたは消毒液での手指消毒、マスクなどの咳エチケット、座席の間隔を1~2mほど開けるなどの感染防止へのご協力をお願いいたします。 
 
2024年7月6日(土)~24日(水)
ストップ・メイキング・センス4Kレストア 上映作品
上映時間【本編89分】
7/13(土) 15:45~/17:25~/19:10~、
7/14(日)、7/17(水)、7/20(土)、7/21(日) 15:45~/17:25~
7/24(水) 15:45~/17:25~/19:10~ 
※1500円週間です(シニア1200円)

『アメリカン・ユートピア』の原点!史上最高のトーキング・ヘッズを全身で浴びる!伝説とも言われる1983年のライブ、A24によりレストアで復活‼
 1980年代の音楽シーンに変革をもたらしたアメリカのロックバンド「トーキング・ヘッズ」。キャリア絶頂期にいた彼らが全米ツアー中の83年12月にハリウッドのパンテージ・シアターで敢行したライブの模様を収録。バンドのフロントマンであるデイヴィッド・バーンらによる躍動感溢れるパフォーマンスに、能楽からインスピレーションを得たというシンボリックな「ビッグスーツ」、エキセントリックなダンスとエキサイティングな演出が加わった史上最高と称される圧巻の公演を、『羊たちの沈黙』ジョナサン・デミが監督したドキュメンタリー。
 1992年から人知れず眠っていた本作のネガを執念で探し出し、サウンドはジェリー・ハリスン自ら監修した完全リマスター。収録から40年を経ても全く色褪せないこの最高級エンターテインメントを、A24が4Kレストア版でスクリーンに復活させた。
 バンド結成50周年!ストップ・メイキング・センス映画公開40周年‼インタビューなど一切なし。ひたすらに音楽を浴び続ける熱狂の89分‼
(1984年/2023年レストア/アメリカ)
 
2024年6月29日(土)~7月24日(水)
ソウルメイト 上映作品
上映時間【本編124分】
7/13(土)、7/14(日) 11:15~
7/17(水)、7/20(土) 11:15~/19:10~
7/21(日)、7/24(水) 11:15~
※1500円週間です(シニア1200円)

その“秘密”が、わたしを強くする。
「梨泰院クラス」キム・ダミ主演最新作。忽然と姿を消したかつての親友。出会い、想い合い、すれ違った16年。絶望を希望に変える〈2人だけの秘密〉に心が震える友情物語。『少年の君』デレク・ツァン監督の多くの映画好きを魅了した『ソウルメイト/七月と安生』を韓国でリメイク、済州島を舞台に新たな傑作として誕生した。
 ミソとハウンは小学生からの大親友。性格も価値観も育ってきた環境も正反対だが、唯一の共通点は絵を描くのが好きなことだった。ずっと一緒に生きていくと約束する2人だったが、17歳の夏、ハウンに恋人ジヌができたことで少しずつ気持ちがすれ違っていく。ミソは済州島を離れてソウルで暮らす。ハウンには絵の勉強をしながら旅をしていると嘘の手紙を送っていたが、その生活は精神的にも肉体的にも過酷で生きていくだけで必死な日々。5年後、再会を果たした2人は、釜山旅行に出掛ける。久しぶりに2人で過ごす時間に気持ちが昂るも価値観の違いによって大喧嘩に。それを機に、疎遠になっていた16年目のある日、ハウンは忽然と姿を消した。2人だけの“秘密”を残して…。
出演はキム・ダミ、チョン・ソニ、ピョン・ウソクほか。監督は『短い記憶』でソウルインディペンデント映画祭で作品賞を受賞した新鋭ミン・ヨングン。
(2023年/韓国)
6/29(土)、30(日)14:35~
7/3(水)14:35/19:00~
 
ブログ
2024年6月26日(水)~終了日未定
おいしい給食 Road to イカメシ 上映作品
上映時間【本編111分】
7/13(土)、7/14(日)、7/17(水)、7/20(土)、7/21(日)、7/24(水)
 9:05~/11:15~(日曜は19:10~追加)
※1500円週間です(シニア1200円)
※入場者プレゼントあり!
(第1弾)キラキラステッカー「イカメシール」
(第2弾)刮目キーホルダー(オレンジ)
(第3弾)いざキーホルダー(青)
(第4弾)トモダチシール

『サムライせんせい』の市原隼人が主演を務めるコメディドラマ「おいしい給食」の劇場版!ドラマシーズン、劇場版と作品を重ねるごとに熱烈なファンを増やし続けた話題沸騰中の食ドラがやってくる! 
80年代の中学校を舞台に、給食のために学校に来ているといっても過言ではない程の給食マニアの教師・甘利田の給食をめぐる闘いを描く。
 函館の忍川中学に転勤した甘利田幸男は、あるメニューを給食で味わうことを楽しみにしていたが、赴任から1年以上が経っても献立に登場することはなかった。相変わらず給食のために学校へ通う甘利田は、食のライバルでもある生徒・粒来ケンと毎日ひそかにバトルを繰り広げている。一方、新米教師の比留川愛は甘利田に憧れを抱いていた。そんな中、忍川町では町長選挙を前に忍川中学が給食完食のモデル校に選定され、政治利用されようとしていた。不穏な空気を察知した甘利田は、おいしい給食を守るべく立ち上がる。
 甘利田が教育係を務める女教師に大原優乃。甘利田を完膚なきまでに打ちのめす食のライバル生徒を演じるのは田澤泰粋。他に栄信、いとうまい子、六平直政、高畑淳子、小堺一機、町長役に石黒賢。脚本/企画・永森裕二、監督・綾部真弥。
泣いて笑って、おなかがすいて、老若男女が楽しめる、極上の給食スペクタクルコメディがここに誕生!!

「こんなに美味しそうに、幸せそうに頬張る人がいるだろうか。めちゃめちゃコミカルで笑ってしまうけど、大好きなものを前にした時、みんな心の中には甘利田幸男がいると思う。」
(山本ゆり・料理コラムニスト)
「自由に食べて何が悪い!アレンジして何が悪い!
そんな当たり前の自由を示してくれてありがとう甘利田先生!」
(リュウジ・料理研究家)
(2024年/日本)
6/26(水)12:25~/16:30~
6/29(土)、6/30(日)、7/3(水)10:30~/16:55(土曜は19:00~追加)
 
2024年6月15日(土)~7月10日(水)
コットンテール ※終了日延長します 上映作品
上映時間【本編94分】
7/6(土)、7/7(日)、7/10(水) 9:20~
※1500円週間です(シニア1200円)

「拝啓、兼三郎様 あなたの幸せを、家族の幸せを、願っています。」東京からイギリス湖水地方へ。妻の最後の願いを叶えるための旅。
 リリー・フランキー × 錦戸亮 × 木村多江 × 高梨臨のアンサンブル!本作は日本人実力派キャストとイギリスの新鋭監督パトリック・ディキンソンによる国際的な合作プロジェクト。東京からイギリスで最も風光明媚な北西部湖水地方へ、その起伏に富んだ美しい自然を背景に、家族の愛と再生を紡ぎ上げたロードムービー仕立てのヒューマン・ドラマ。
 60代の作家・大島兼三郎の最愛の妻、明子が、闘病生活の末に息を引き取った。埋めようのない喪失感に打ちひしがれた兼三郎は、生前の明子が寺の住職に託した一通の手紙を受け取る。そこには明子が愛したイギリスのウィンダミア湖に、遺灰をまいてほしいという最後の願いが記されていた。彼は遺言を叶えるために、長らく疎遠だった息子の慧とその妻さつき、4歳の孫エミとともにイギリスへ旅立つ。しかし互いにわだかまりを抱えた兼三郎と慧は事あるごとに衝突し、ロンドンから一人で湖水地方に向かった兼三郎は、その途中で道標を失ってしまい……。
 ワールドプレミアとなった第18回ローマ国際映画祭では絶賛を博し、最優秀初長編作品賞に輝く快挙を達成した。
(2023年/日本・イギリス)
6/15(土)、6/16(日)、6/19(水)14:40~(16日日曜は18:30の回追加)
6/22(土)、6/23(日)10:30~/14:50~(23日日曜は18:35の回追加)
6/26(水)10:30~/14:35~/18:40~
6/29(土)、6/30(日)、7/3(水)12:40~(日曜は19:00~追加)
 
2024年6月8日(土)~23日(日)
弟は僕のヒーロー ※終了日少し延長します 上映作品
上映時間【本編102分】
6/22(土)、6/23(日)16:40~
※1500円週間です(シニア1200円)
※『弟は僕のヒーロー』特製ポストカードは配布終了しました

君がいれば、世界がきらめく。
世界60万人が泣いた!ダウン症の弟と兄が作った動画から生まれた大ベストセラーの映画化。ダウン症の子を持つ家族の葛藤や奮闘、喜びや困難もリアルに捉え、その中でも決して揺らがない家族愛を、ユーモアをたたえながら描き出したハートウォーミングストーリー。
 5歳のジャックは初めてできた弟に大喜び、しかし両親から弟ジョーは「特別」な子だと聞かされる。ジョーがスーパーヒーローだと信じるジャックだが、やがて「特別」の意味を知り、思春期を迎えると弟の存在を隠すようになる。ある日、好きな子を前についてしまった嘘が、家族や友達、町全体を巻き込んで、やがて取り返しのつかない事件となり───。
 出演はフランチェスコ・ゲギ、実際にダウン症でもあるロレンツォ・シスト、アレッサンドロ・ガスマン、ロッシ・デ・パルマほか。監督は本作が初長編となるステファノ・チパーニ。
「永遠に子どものままの弟と、大人になりかけている兄。痛みを伴う成長に真正面からぶつかる様が清々しい。彼らを見守る両親のイタリア的な大らかさにほろり。陽気さは強さだ!」(山内マリコ・小説家)

(2019年/イタリア・スペイン)

6/8(土)~6/9(日)11:00~/15:10~、6/12(水)11:00~/15:10~/18:20~
6/15(土)~6/16(日)10:30~/16:30~
6/19(水)10:30~/16:30~/18:30~
 
 
 
お問い合わせ
Since 2013/9/1 総数464445 昨日128 今日139