ガレコレ [Garage Collection]
トップページ] [ブログ
【地図】ガレコレ&海辺の自然学校 【地図】加領郷小学校 サンズイ ネコノテ 十畳合気道場 [ゆずFeS:実生のゆず狩り体験] 活動記録 ガレコレ 気象状況
ゆずFeS:実生のゆず狩り体験

※第5回ゆずFeS(2019年秋)にて、申し込みが少ないながらも実施する予定でしたが、キャンセルもあって参加申込者が最終的に1名となり、断腸の思いで、中止とさせて頂きました。大変申し訳ございませんでした。
 

ゆず搾り機

中岡慎太郎がゆず栽培を広めたって知っちょった?

実生のゆず狩り体験


松本崇人くん(オクラ畑で撮影)
【日時】
 11月17日(日)10:00~12:00
 ※ただし、雨天中止です。

【会場】
 高知県安芸郡北川村柏木のゆず畑

【集合場所】
 中岡慎太郎館(北川村柏木140)
 ※案内地図を参照。

【対象】
小学5年生以上

【参加費】
 大人3,000円/小学生1,500円

【定員】
 12人(最少催行人数6人)

【締切日】
 11月15日(金)

【特典】
①ゆず玉とゆず果汁のお土産。
②慎太郎墓前祭で提供・販売の飲食品。

【備考】
 2名以上でお申し込み下さい。
 長袖長ズボンの作業着、シューズ、帽子、タオル、飲み物を持参。

【案内人】
 松本崇人[たかひと]
 サポート:岩瀬洋一郎@ガレコレ

【ゆずFeSスタッフからの紹介】
 昨年は、ゆず狩り体験を、岩瀬洋一郎@ガレコレが北川村安倉で計画。しかし、台風で国道493号線安倉が崖崩れで断念。ゆず狩りは、ぜひ体験してほしいメニューです。
 

【案内地図】

奈 ○長山発電所(電源開発)
─────┐
//// 
町    
 ○┗━━┛
 ┬────┤(旧道)
 │┏━━┓
 │   │国道493号線
至│  
奈│┗━━┛│ 北川奈半利道路(新道)
→──────────┐
利│┏━━┓│     ↓
町│柏木大橋└┬───←┴至北川村温泉
 │    柏木IC
 │■巻 
 │  ////////////
 │生家■ ┗慎太郎橋 奈半利川
 │ 顕彰会■│⓪あと600m   ①
 └─────┼→─────────┐
  WC イ ├─┬───┐    ↓
     ■ │ ■   │ ┌─←┘
中岡慎太郎館   松   ├
         林    └──
         寺    
              
P:ゆず狩り体験の駐車場
臨:墓前祭の臨時駐車場
イ:墓前祭のイベント会場
WC:屋外トイレ
 
 まずは、国道493号線北川奈半利道路(新道)で終着点『柏木IC』までお越し下さい。柏木ICの出口丁字路を右折して、500m進み、左折して『慎太郎橋』を渡って下さい。

 さらに200m進んだ⓪変則十字路に、黄色ののぼり旗をもった案内人がおります。(この地点から車道で600m)
 

⓪変則十字路 <慎太郎橋 ∧林道 松林寺>
 
 左折して、300m進むと林道(アスファルト)に入ります。途中、右手側の山を見上げると、電波塔の辺りにゆずの木が見えます。あそこまで、林道で上がります。
 

電波塔辺りがゆず畑
 
 さらに150m進むと、①第1ヘアピンカーブです。
 

①第1ヘアピンカーブ(駐車可能)
 
 さらに150m進むと、②第2ヘアピンカーブです。ここに駐車します。
 

②第2ヘアピンカーブ(P駐車場)

【トイレ】
 
 中岡慎太郎館の屋外トイレをご利用下さい。ゆず畑の裏口(本当は表口かな?)から松林寺前経由で下って、徒歩5分です。
 

ゆず畑の裏口(写真右)から下り

道なりに左折して下り1/2

道なりに左折して下り2/2

松林寺前を通過

イベント会場を横切り

屋外トイレに到着

【ゆず畑】
 次回のゆず狩り体験の参考になればと思い、当日のゆず畑を撮影してきました。
 

奈半利川と実生のゆず

ゆず畑の入口

黄に色づくゆず

一段目と二段目のゆず

りっぱな石垣

【中岡慎太郎墓前祭】
 当日は、中岡慎太郎墓前祭です。ゆず狩り体験と合わせて、お楽しみ下さい。
 

中岡慎太郎墓前祭

慎太郎茶会
中岡慎太郎先生顕彰会
 イベント開催時刻の前で、皆さん松林寺から戻られていない時点での撮影です。別の用事で時間が押していたので、賑やかな写真でなくてごめんなさい。
 

中岡慎太郎像

中岡慎太郎館前のイベント会場

北川小学校のブース

顔出しパネル

軍鶏鍋@なはり浦の会

左:生家の屋根、柏木大橋下:臨時駐車場

シャトルバス運行

あとがき
 ゆず狩りは、棘に刺さるし、ハシゴ作業が危険で、キツイと言われます。お仕事ではそうかもしれませんが、無理せず体験する分には、とっても楽しいものです。

 岩瀬は、清々しい香りが漂うゆず畑が好きです。実生のゆず果汁(ゆのす)は格段に美味しく、これ欲しさに毎年ゆず狩りをお手伝いして早十余年になります。

 高いところに鎮座するゆずは取るのに難しく、高枝ばさみや引っ掛け棒や脚立やハシゴを駆使して成功したときには、「トッタドー」と叫びたくなります。

 いつの日か、ゆず狩り体験イベントで、ご一緒できることを楽しみにしています。

お問い合わせ


by Network Communication Note