スマホ幅480px/幅640px]

ガレコレ
トップページ] [ブログ&お知らせ
高知家・まるごと東部博(平成27年) [魔のS字カーブ] シュノーケリング等 パソコン 十畳合気道場 遊軍、猫の手 活動記録 ガレコレ 所在地 ガレコレの主(ぬし)トドロ 気象状況 便利帳 パズドラ ほしの島のにゃんこ
魔のS字カーブ

【時刻】
 2013年11月21日(木)午前8時少し前

【場所】
 国道55号線 奈半利町 法恩寺[ほうじ]坂 東口

【状況】
 室戸方面から進行中、歩道ガードレールに、自爆追突。
 横転して、反対車線を塞ぐように停止。
 自爆以外は被害無し。

P.S. 運転手は、車内に閉じ込められていたとの噂。

【写真】
 翌日の朝7時半に撮影。

 朝、仕事で家を出て、事故現場に遭遇。事故車から白い煙が上がっている。事故車の傍で、二名携帯電話で連絡を取っていた。さらに追突事故が起きるような気配。手前左に入る旧道で迂回した。反対車線では、渋滞が発生し始めていた。

 奈半利町の魔のS字カーブと言われている最西側での事故である。左に折れる旧道へ曲がるために、国道55号線の幅が左に膨らんでいる。旧道入口を過ぎると一旦狭くなり、すぐにバス停で膨らんでいる。前回の事故で、茶色のガードレールになり、赤の点滅で注意を喚起している。屋根に描かれた斉藤石材店の文字は、目を奪われると事故に繋がる絶妙な位置にある。

 ボーっとしていると、ガードレールの部分が狭くなっていると気づくのが遅れる。今回は、通り慣れている男性だったが、ご覧の通り、あわや死亡事故である。


 自爆事故を起こしたのは、ダイハツMOVE。道路の路肩が広いところだが、一日以上事故車を放っておくのはいかがなものか?



 助手席に、誰も乗っていなかったのが幸いだろう。


 奈半利町の『魔のS字カーブ』は、緩やかなカーブと直線の組み合わせではあるが、ちょっとした要素により、交通事故が起きやすくなっている。逆に言い換えれば、ちょっとの改善で、劇的な効果が期待できる。下記の場所で、すべて事故が起きている。ご注意下さい。
 
【室戸方面へ(東へ)】
・法恩寺坂の下り途中の左側(山側)に『火葬場の入口』があり、坂の天頂で渋滞が発生することがある。
・旧道へ曲がるトレーラーが、国道55号線を塞いでいることがある。
・法恩寺坂を下った直後の左側(山側)に『老人ホーム』『ショップヨシダ』があり、車の出入りに注意。
・右側(海側)に『鉄鋼会社』があり、トレーラーが国道55号線を塞いでいることがある。
・平/花田へのY字路で、国道55号線は右に緩やかに折れている。
・右側(海側)に『貯木場』があり、トレーラーが国道55号線を塞いでいることがある。
・『海辺の自然学校』入口の小川の橋で、路側帯が狭くなっている。
・『ガレコレ@平』へのT字路。
・右側(海側)に『ドライブインなぎさ』があり、車の出入りに注意。
 
【高知方面へ(西へ)】
・左側(海側)に『ドライブインなぎさ』があり、車の出入りに注意。
・『ガレコレ@平』へのT字路。
・『海辺の自然学校』入口の小川の橋で、路側帯が狭くなっている。
・左側(海側)に『海辺の自然学校』があり、もたついている車がいることがある。
・左側(海側)に『貯木場』があり、トレーラーが国道55号線を塞いでいることがある。
・左側(海側)に『鉄鋼会社』があり、トレーラーが国道55号線を塞いでいることがある。
・右側(山側)に『ショップヨシダ』『老人ホーム』があり、車が国道55号線で右折待ちで停止していることがある。
・旧道へ曲がるトレーラーが、国道55号線を塞いでいることがある。
・今回のように、法恩寺坂東口のガードレールに衝突する事故が、しばしば発生している。(事故車に直接遭遇したのは、2回目)

お問い合わせ


by Network Communication Note