ガレコレ [Garage Collection]
2020年12月26日(土)
Windows10 バージョン2004 について ■パソコン・通信
 12月中旬に、自動でWindows10のバージョンアップが行われました。

 まず、Windows10のバージョンを確認しましょう。以前は[⚙設定]で表示されていたのですが、現在は表示されていません。余ほど、利用者にバージョンを意識してもらいたくないようですね。P.S.
 
バージョン20H2では、表示されるようになっていました。

 winverを起動して、確認できます。

①[Windowsロゴ]キー+R

②「ファイル名を指定して実行」が開きます。

③名前(O):
 
winver
 
と入力して、[OK]をクリック。

④「Windows
 
のバージョン情報」が開きます。

==
Windows10
--
Microsoft
 
Windows
バージョン
 
2004
 
(OS
 
ビルド
 
19041.685)
==

 トドロの今回のバージョンアップは、「Windows
 
10
 
May
 
2020
 
Update」で、バージョン2004。「Windows
 
10
 
October
 
2020
 
Update」の場合、バージョン2009では無く、バージョン20H0と表示されるそうな。

 バージョン2004では、復活と切り捨てが確認できました。

【復活】
・Photoshop
 
CS2が、普通に起動するようになりました。
 →バージョン20H2でも、OK。
・内蔵Webカメラが、利用できるようになりました。
 →バージョン20H2で、また、使えなくなりました。ガッカリ。

【切り捨て】
・Windows
 
Live
 
メール
 
2011,
 
2012で、アプリは起動しますが、送受信が出来なくなりました。未サポートアプリということを、明示したということでしょう。
 →Windows10標準のMail、または、Thunderbirdに移行しましょう。


P.S.
 
Zoomアプリで、内臓Webカメラが利用できるようになったので、使い慣れたWindowsノートパソコンで出来ますね。


P.S.
 
ついでに、Windows
 
10
 
October
 
2020
 
Update
 
を手動でしちゃいます。
[Windows10のダウンロード]
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80
→Windows10Upgrade9252.exe

 2時間半でアップデート完了。また、内臓Webカメラが利用できなくなりました。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note