ガレコレ [Garage Collection]
2018年1月26日(金)
3.歩み(2)心臓の傾き ■合気道
 移動したい方向に心臓を傾けると、自然に体が動き始めます。体が動き出せば、自ずと足も出ます。第一行動は、足を踏み出すのでも、腰を突き出すのでもありません。なお、頭を傾けた場合は、頭の重みで体が止まってしまいます。

--
○心臓の高さを維持します。
心→心

×踵や腰を軸にして扇状に傾けるのではありません。
心→
  心

【動き出す順序】
心臓→体→足と腰
--

 動きを止めるには、2種類あります。心臓の傾きを戻す方法を基本とします。頭を下げて急停止する方法は、応用と考えて下さい。

 方向転換する際には、心臓の位置を瞬間固定して、体と足の勢いを通過させながら、移動したい方向に心臓を傾けます。順序が狂ったり省略すると、無駄な力が生じてしまいます。

--
   │
  心→
 体→│
足→ │
   │
   心
  体→
 足→│
   │
   心
   体→
  足→
   │
   心
   │体
   │足→
   │
  ←心
   ←体
   │←足
--
 
お問い合わせ


by Network Communication Note