ガレコレ [Garage Collection]
2016年10月2日(日)
肘打ち ■合気道
 肘打ちは合気道の技?と思われるだろうが、そもそも合気道は柔道や剣道といった特化したスポーツではなく、総合武術を目指して発足したという経緯がある。なので、肘打ちに付いても研究の対象というのは、いささかも不思議ではない。

 拳で打つ場合、相手に届くまでは握りを緩めておき、当たる瞬間に締めると言われる。自分は得意ではないが、その通りだと思っている。

 では、肘打ちや踵落としでは、何処に力を入れるの?と考えたとき、何処にも力を入れないというのが持論である。

 肘や踵は、体で固いとされている部位であり、どこかの筋肉に力を入れれば、より硬くなるというものでもない。コツコツと日頃から当て慣らしていれば、誰もが持ち合わせている固い武器となる。

 点で打ち抜くだけで、相手に大ダメージを与えることができる。要は、金槌でちゃんと釘を打てるかということである。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note