ガレコレ [Garage Collection]
2015年7月23日(木)
大東流合気柔術と居合 ■合気道
 故先生には、合気道を修得するには、『大東流合気柔術』と『居合』を学びなさいと言われてきた。現在、どちらも学べる環境にないが、最近になって、その言わんとするところを理解できるようになってきた。

 大東流合気柔術: 相手がどう感じてどう動くか
 居合: 間合いと手刀の使い方

 今は、あれこれ手を出すよりも、手持ちの駒で合気道をどう伝えようかと思案している。合気道を整理するのは60歳からと決めていたのだが、後先が前後するのもありだろう。まあ、それら2つは、直接、一生学ぶことが無いかもしれないが。

 殺人の技に留まらず、相手を傷付けずに制する活人の技を修得したいものである。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note