ガレコレ [Garage Collection]
2015年7月13日(月)
ロングレンジ ■合気道
 ロングレンジは、相手の攻撃は届かず、自分は合気道による攻撃ができる間合いである。

 相手に触れずして投げ飛ばすというのも、あながち嘘ではないが、当道場ではそこまで追求するには達していない。相手に手刀で触れることを、攻撃とする。

 相手の突きや打ちに対して、相手の肘の辺りに手刀で触れる。内側の場合は前腕の腱、外側の場合は二の腕の腱に効かせる。

 相手の手首に手刀で触れるやり方は、初心者には理に適った説明が難しい。相手が短刀を持った場合、刃物に近い手首を触れに行っていいことは無い。相手に手首と肘を自由に使わせないなど、上級者の術を駆使しなければできない。

 繰り返しになるが、「相手の肘に手刀で触れる」ことが重要である。単純に言えば、相手の二の腕分遠い間合いで十分に戦える。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note