ガレコレ [Garage Collection]
2015年5月24日(日)
人は二軸で立つ ■合気道
 背骨が1本、体の真ん中を通る。頭も1つ、心臓も一つ。故に、体の中心1軸として、動きを考えるのが常識である。

 故師範は、「君たちの動きは、ピアノの回転椅子だよ」とよくおっしゃれていた。大学部活の幹部時代に、その真意を知る由もなく、見様見真似でやり過ごしていたものである。

 大腰筋が弱くなると、寝たきりになる症状にぶち当たったのは、昨年12月のこと。流行りの言葉で言えば、インナーマッスルが大切だったのである。

 『腰回し』、『心臓の表面』は、すべて大腰筋の存在に裏付けされる。体に存在する二軸に働きかけることが、極意だったのである。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note