ガレコレ [Garage Collection]
2014年8月25日(月)
香長中柔道部強し ■合気道
 5年連続個人Vとは、恐れ入る。40代の川崎章正教諭が監督とある。かなり手厳しい指導のようだ。

 高知新聞によれば、香長柔道の伝統は、「攻め」と「団体戦重視」とある。強さの秘密は、「体幹トレーニング」ということだ。まあ、それだけでは、この成績は残せないだろう。

 強い女の子達にも興味があるが、監督とお話がしたいものだ。トドロは、柔道は社会人になってから初段を頂いているが、勝負事には向かない性格もあって、生涯成績は寝技で2勝止まりである。段位を上げて、シニアで再挑戦ということはない。

 柔道は、合気道の修練の一環として行ったので、今のトドロの合気道に活かされている。当時は、柔道技で柔道を行っており、一度だけ合気道の腰投げを出して相手を投げて一本が上がったが、技ありに格下げになり、結局引き分けになった思い出がある。この技も、今考えれば未完成のものである。長年の一人稽古もいいものであり、最近になってようやく結果が追い付いてきた。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note