ガレコレ [Garage Collection]
2014年6月7日(土)
[458] 総復習 ■合気道
19:00~19:40~20:40/岩瀬、黒岩、新徳

テーマ1:今年は、何としても、黒岩さんを初段相当に格上げして、黒帯を絞めてほしいと考えている。頭では、論理的なことは理解できていると思う。1つの術を頭の引き出しから出した時点では、合致した捌きになるのだが、すぐに変な癖が入り込んでしまう。複数の術の合成が、うまくいかない。何事も半分という感覚が、頭でも受け入れられていないのが原因なのだが。まあ、何度でも繰り返すしかない。

テーマ2:合気道に限ったことではないが、拳1つほどの捌きに拘る必要がある。小さな動きと捉えず、正確さには拘らないが、丁寧に行う。

テーマ3:自分のいた場所を、相手に通過させる。自分のいる場所に、相手を呼び込んではいけない。

【歩み】
・足裏を、足裏三点で立体的に使う。
 ・各点がアーチで結ばれて、足裏がバネのようになる。
 ・足裏を着いたら、すぐに離す。
  ×一歩一歩で休まない。
・足は、腰幅で並行になる。
 ×肩幅ではない。
 ・足の薬指が、意識ベクトルになる。
 ・腰幅の二本線で、歩む。
  ×一本線ではいけない。
  ・相手の心臓表面に働きかける。
   ・最終的には、肩口、脇のラインを追加する。
   ×6ライン以外の中途半端な位置ではいけない。
・相手を想像して、自分の心臓をどの位置に移動させるのか決めて、歩みを行う。
 ×100m走のように、100m地点を突っ切るのではない。

【流し 表】
・手刀を立てて行う。
 ・薬指の第二関節で撫でる。
  ×人差し指ではない。
  ×指先ではない。
  ×手の平ではない。
・レ点の返しを使う。
 ・手刀は、自分のいた場所を、斜めに通過する。
  ・自分のいた場所に、相手を通過させることになる。
  ×巻き込んではいけない。
  ×引っ張ってはいけない。
  ×真っ直ぐに流してはいけない。

【突き 山越え】
・解放した手刀を、相手の肘辺りに、下からくっ付ける。
・影踏みは、揺らぎとレ点の返しを意識して行う。
・相手に、自分のいた空間に打たせるという感じである。
・相手の裏に入身する。
 ・相手にとって嫌な位置に移動している。
 ×必ずしも、相手の背後や側面を取るのではない。
 ×逃げると、相手の攻撃を呼び込んでしまう。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note