ガレコレ [Garage Collection]
2014年3月18日(火)
[437] 空間の捻じれ ■合気道
19:10~20:30/岩瀬、新徳

テーマ:関節を捻るのではなく、空間を捻り、空間を瞬間移動させる。

 力を抜いて技を掛けるのが前提条件であるが、力を緩めて優しくやるだけでは、意味をなさない。位置とベクトルのちょっとした違いが、重要なのである。とりあえず、手刀を立てる、意識で空間の位置を飛ばすことを、反復練習する。

 正しい手刀の位置とベクトルにて共有空間を生じさせた後、その空間を捻ることにより、お互いにその空間の認知がさらに高まり、相手は捻じれに反応する。『レ点の返し』において、次の次元と考えればよい。

 点から2点、3点へ、点から線へ、線から面へ、面から空間へ、レベルアップしていく。空間を自由に操ることが、最終目的の1つと考えている。

 空間の捻じれ、圧縮、解放、飛ばしは、実際に手を合わせてみないと理解しにくいので、『陰の奥義』に位置付けている。本道場の練習で、身に付けてほしい。

 倒しすぎたか、お仕事の疲れか、新徳くんがくらくらするとギブアップ。2日完全徹夜の岩瀬は、逆に気分がハイで、絶好調。アドレナリン小出し状態が続いているなあ。今日は早めに就寝といこう。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note