ガレコレ [Garage Collection]
2014年2月11日(火)
[428] 手刀を立てる ■合気道
19:00~21:40/岩瀬、黒岩  

テーマ:小手先の技というと、悪い印象が先に立つが、小手先を丁寧に使うことは、大切である。大きな差は、相手にとって対応しやすく、実はちょっとの差が最も効果的なのである。

【歩み】
・少しずらす。
 ・心臓の進みを、水平より心持ち下方向。
  ×完全に水平では、糸の切れた凧と同じである。

【体捌き 後ろ捌き】
・顔をスッと振り返るのにつられて、体が後ろに向く。
 ×腕を振り回して、体を持っていくのではない。
・体は、常に斜め前。
 ×後ろに体を倒して下がるのではない。

【流し裏】
・片手持ちで行う。
・相手に持たせた手刀を立てる。
 ×引っ張ってはいけない。

【山越え】
・自分の指の第二関節甲側で、相手の肘にピタッと貼り付く。
 ×自分の腕、手首、手の甲、拳、指先では良くない。
 ×弾くのではない。
 ×弱いのもいけない。
 ・相手のオーラを掴むように行う。
・手刀を立てて、山越え。
 ×手刀を回してはいけない。
 ×手刀を寝かせてはいけない。
 ・越えた先でも、相手のオーラを掴むように行う。
・相手の腕を滑らせるときにも、手刀を立てている。
 ・手刀は、相手の心臓の表面を攻めている。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note