ガレコレ [Garage Collection]
2013年12月17日(火)
[417] 四方投げ、入身投げ ■合気道
19:15〜21:00/岩瀬、新徳
テーマ:転開を技で使ってみる。  

【歩み】【流し】【転開】 
・転開は、歩み、流しと同様に、毎回必ず行う。

【四方投げ】
・前回までの総復習。

【入身投げ】
・本当の型で投げると念押して、手刀を差し入れただけでも、変な風に落ちて行ったので、ヒヤリとした。新徳くんも、ヒヤリと感じたとのこと。支えのない空間に落ちていくのだが、かなり危ない。ここを無事に乗り越える方法を、確立していない。新徳くんに考えてもらおう。
・転開して、四方投げでは相手の肘に手刀を添えたところを、入身投げでは相手の肘の内側に手刀を添える。
・相手の手首側の手刀は、前方に流す。
 ・この流しの途中で、反対の手刀は滑って、相手の体の前の空間をすり抜けていく。
  ×流しきってから、入れるのではない。
・自分の上澄みで捌く。
 ・相手の足の裏に、そっと浅く自分の足がくっ付く。
  ×引っ掛けるように、深く入ってはいけない。
・前方に流した手刀は、レ点の返しで戻ってくる。
 ×回してはいけない。
 ・相手の腕1/4軸に働きかける。
 ×新徳くんは、最後に引っ掛けてしまう癖があるようだ。
・滑った手刀は、相手の肩と顔の間に到達する。
 ・手刀は、五指を揃えて、親指側を天に立てる。
  ×手刀が寝ていてはいけない。
・背後霊の空間へ、手刀を反しながら差し入れる。
 ・相手の首1/4軸に働きかける。
  ×相手の首を刈るのではない。
 ×相手の体が邪魔になって、その方向に進めないのは、それまでに間違いだらけだからである。
 ・腰を少し切りながら、手刀の方向に進む。
 
お問い合わせ


by Network Communication Note