[スマホ/幅480px幅640px

ガレコレ [Garage Collection]
トップページ
News,blog & history


【■パソコン・通信】
 メールの添付ファイルが[winmail.dat]になっていました。
これは送信者側のOutlookのバグであり、回避できます。

 ちなみに、Windows10付属のメールでの受信は、winmail.datでした。


【起因】

(1)送信者がOutlookを使用して、『リッチテキスト形式(HTMLメール)』で添付ファイルを送信。
(2)受信者のメーラーがOutlook系以外を使用。
(3)添付ファイルは、画像ファイルやPDFファイルでは発生しにくく、WordやExcelファイルだと高確率で発生。

【解決策1】
・送信者がOutlookを使用する場合、『テキスト形式』で作成する。

【解決策2】
・受信者は、Winmail Opener 1.6で中身を取り出すことができる。
[Winmailオープナー]
 
 ノートパソコン Dell Inspiron 15 1564に、キーボード、マウス、モニターを接続した。

・Dell USBキーボード
・Dell USBマウス
・Panasonic VIERA TH-24C300(24V型、1,366×768、HDMI端子)

 画面が、15.1インチから24インチになったので、老眼には助かる。文字のにじみが無いと言えば嘘になるが、許容範囲である。反応速度は遅いのだろうが、ゲームしないし、インターネット動画の再生も全く問題ない。テレビ機能を有しているが、アンテナには接続せず、純粋にパソコンのモニターとして使うことにした。
 
 久しぶりに、手応えを感じたパソコン教室でした。

 とどろん先生(岩瀬@ガレコレ)は、8月2日(木)、3日(金)の二日間、文部科学省の『プログラミン』によるプログラミング体験を担当しました。

 小学4年生、5年生、6年生の4名が受講してくれました。

 『プログラミン』のパーツ(これらもプログラミンと呼ぶ)28個を一つ一つ説明していくには、時間が掛かると判断して、子供たちの反応を見ながら、感覚的に進めることにしました。

 【イッペンニン】と【ズットン】【ナンカイン】を、早い内に紹介したのが正解でしたね。これは、大発見でした。

 難しい【ブツカッタン】、【ヨブーン】と【ハターン】、【タマーン】は、やろうかやらまいかと悩んでました。ところが、最後の自由作成で、必要に駆られて紹介したら、ちゃんと組み込んでくれていました。子供たちの作品はオリジナリティがあって、とっても良かったです。

 結局、用意していたテキストは、使いませんでした。最終日に2枚抜粋して配布しました。プログラミングの思考力をどうしたら養うことができるか苦心したのですが、『プログラミン』で何が出来て何が出来ないかとか、他のプログラミング言語との比較ではなくて、『プログラミン』を使って使って使い倒すことが一番と分かりました。きっと、文部科学省の発想も、そういうことなのでしょう。

 行き当たりばったりで進めましたが、プログラミンの授業は、その方がいいようです。とはいっても、再来年度を見据えて、なはりテレワーカークラブさんと協働で指導方法を確立していこうと考えています。

 子供たちから、もう一回やりたいとのリクエストもあり、嬉しい限りです。以前に宇宙兄弟を題材にしたコンテストがありましたが、同様なコンテストがあったら、みんなで出そうと盛り上がっています。


[プログラミン]
http://www.mext.go.jp/programin/

[とどろん昆虫記]
 
 NTT西日本で通信障害が発生しているとのニュース。12:50現在、ガレコレからのピカラ(地上光)とAu(G4)は大丈夫ですね。

 通信障害が発生していて、魚梁瀬の雨量データが確認できないとのこと。たしかに、7/6(金)16時までのデータしか掲載されていません。連続総雨量は、加算されていないとのこと。

 高知県の『こうち防災情報』も繋がりませんね。

--
こうち防災情報
 野友橋@北川村(奈半利川)
 ×カメラ
 ×水位状況
--

 このトラブルも、想定の範囲内でしょうか?災害発生時には使えないボロシステムと判明しました。システムは、二重三重と組むものです。


P.S. 魚梁瀬の雨量データは、7/7 13時過ぎに復旧した様子。雨量データは、欠落したままです。
 

お問い合わせ


by Network Communication Note