カレンダー(上映作品/イベント/休館)
掲示板
アクセス
入場料金
写真館
劇場紹介

お知らせ
2022年10月8日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの下↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
※駐車券サービスご利用に伴う入場料金の変更があります。今度も周知期間等を設けずに突如決められていますのでご注意下さい。
※1500円週間のシニア料金を1000円⇒1200円に値上げします。『死刑にいたる病』から適用されます。

インスタグラムはじめました。[atago_gekijo]で検索してください(管理者水田サリー)。

●10月7日(金)~11月10日(木)『呪い返し師—塩子誕生』
上映時間(~11/3)12:30~/14:40~/16:50~/19:00~
    (11/4~)16:50~/19:00~
※1500円週間です(シニア1200円) 
製作総指揮・原作 大川隆法。君は払い、君は返し、君は守る。現代の悪しき心が生む「呪い」から聖なるものを守るために戦うスピリチュアル・ヒーロー塩子の活躍!
 賀茂野女子高校のオカルト研究会の部員による儀式により出現した呪い返し師の塩子は、部員・奈々子の呪いをたちまち払い、救う。それ以降、呪いに関わる事件を解決していく塩子と奈々子たち。塩子への依頼は次々と舞い込んでくるが、やがて知らない人はいない天道グループの御曹司のスキャンダルを知ってしまう。希島凛主演、共演に目黒祐樹ほか。

●10月8日(土)~10月21日(金)『スワンソング』
上映時間(連日)10:15~
※1500円週間です(シニア1200円) 
かつてヘアメイクドレッサーとして活躍し、ゲイとして生きて現在は引退して老人ホームで暮らす「ミスター・パット」の亡き親友に最後のメイクを施すための旅を描いたロードムービー。主演ウド・キアー。

●10月22日(土)~11月3日(木)ANOTHER ONE

●11月4日(金)~『川っぺりムコリッタ』
松山ケンイチ主演、満島ひかり、ムロツヨシ、吉岡秀隆の共演で、塩辛工場で働く生きることに積極的になれない孤独な青年と同じアパートに住むひとクセある人々との交流を描く。「かもめ食堂」の荻上直子監督の原作・脚本・監督。

●11月11日(金)~『土を喰らう十二カ月』
沢田研二主演。作家・水上勉の名著「土を喰う日々 ―わが精進十二ヵ月―」を原案に、中江裕司監督が映画化。料理を土井善晴が担当。共演に松たか子、西田尚美、尾身としのり、檀ふみ、火野正平、奈良岡朋子。

通常営業を続けております。 
劇場ではドアノブ・レバーなどの消毒を行います。また、入り口にアルコール消毒液を用意しております。お客様におかれましても、石けんの手洗いまたは消毒液での手指消毒、マスクなどの咳エチケット、座席の間隔を1~2mほど開けるなどの感染防止へのご協力をお願いいたします。 
 
2022年9月24日(土)~10月7日(金)
2046 4K 上映作品
●9月24日(土)~10月7日(金)ウォン・カーウァイ4Kより『2046 4K』
上映時間(~10/6)11:40~/18:30~
    (10/7のみ)10:00~
※1200円週間です(シニア1000円)

今、ふたたびそれぞれの《時》が鮮やかに動き出す―ウォン・カーウァイ監督作4Kレストア公開!(当館は※2K上映となります)まず今回は『2046』を上映します。他の作品も11月下旬以降順次上映。
 1960年代後半の香港。記者で作家のチャウはかつてひとりの女を心の底から愛したが結ばれることはなかった。過去の思い出から逃れるように自堕落な生活を送っていた彼は、ある日ジンウェンと出会う。彼女には日本人の恋人タクがいたが、父親の反対でタクは日本に帰ってしまった。チャウはふたりに触発され近未来小説を書き始める。
 トニー・レオン、コン・リー、フェイ・ウォン、木村拓哉、チャン・ツィイーなどアジアのスター達が出演。
 ウォン・カーウァイ監督×撮影監督クリストファー・ドイルの名コンビが生み出す映像は、それまでのアジア映画のイメージを一新。90年代に日本で巻き起こったミニシアターブームを牽引する存在となり、そのスタイリッシュな映像と世界観は今もなお多くのクリエイターに影響を与え続けている。
 レストアはイタリアのシネテカ ディ ボローニャの映画修復研究所で行われた。
“For people who really care about the future of cinema, I suggest they go buy a ticket to support their local cinemas when they reopen, because many of them are barely surviving. Or at least keep positive.”Wong Kar Wai
(2004年/香港/2021年レストア)
 
2022年9月17日(土)~10月6日(木)
カモン カモン 上映作品
上映時間【本編108分】
(9/17~23)11:00~/13:20~/15:30~/18:30~
(9/24~10/6)9:30~/14:15~/16:20~
※1200円週間です(シニア1000円)

 大人も子どもも迷いながら生きている。君の話を聞かせて。
 突然始まった甥っ子との共同生活。戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々。主演のホアキン・フェニックスはじめアカデミー賞常連チームが贈る最高に愛おしい物語。
 ニューヨークでひとり暮らしをしていたラジオジャーナリストのジョニーは、妹から頼まれて9歳の甥・ジェシーの面倒を数日間みることに。LAの妹の家での甥っ子との共同生活は戸惑いの連続。好奇心旺盛なジェシーは、ジョニーと妹のぎこちない関係や独身でいる理由、自分の父親の病気のことを次々とストレートに尋ねてきてジョニーを困らせる一方で、ジョニーの仕事や録音機材にも興味を示してくる。それをきっかけに次第に距離を縮めていく2人。仕事のためニューヨークに戻ることになったジョニーは、ジェシーを連れて行くことを決めるが……。
 主演は『ジョーカー』でアカデミー賞を受賞した名優ホアキン・フェニックス主演、『人生はビギナーズ』のマイク・ミルズ監督が美しいモノクロ映像で描く心温まる物語。
(2021年/アメリカ)
 
ブログ
2022年9月19日(月)
台風により休館しました 上映作品
9月19日(月)は台風14号により休館しました。
 
2022年9月16日(金)~23日(金)
エリザベス 女王陛下の微笑み 上映作品
急きょ上映決定!
上映時間 連日9:00~【本編90分】
※1500円週間です(シニア1200円)

 世界でもっとも有名な女性である英国君主エリザベス2世。
 在位70周年に初の長編ドキュメンタリー映画である本作が公開。その存在感にもかかわらず、実態はベールに包まれていて、私たちは彼女を永久に知り尽くすことはできなかった」だが、本作では、船のデッキでゲームに興じたり、競馬でご贔屓の馬がトップでゴールインしそうになるとぴょんぴょん跳ねて大喜び。そんなキュートでチャーミングな、誰も見たことのない“素顔の女王陛下”の魅力を体験できる。ありし日の最高にチャーミングでユーモアたっぷりの女王の姿をご覧あれ!
ザ・ビートルズ、ダニエル・クレイグ、マリリン・モンローらスーパースター、歴史に残る政治家、錚々たるセレブが華を添える貴重な映像や楽曲が満載。
 本作はまるでタイムマシーンのように、1930年代から2020年代までのアーカイブ映像によって、何十年もの歩みを行き来する。子供時代から大人になるまでの軌跡、何百にもおよぶ花束を受け取る姿、何千もの人々と握手する姿…。1952年、25歳の若さでエリザベス2世として即位したその類まれなる人生と旅路を、女王への深い愛と畏敬の念をもって、詩的に時にポップに描いた、最高にオシャレな映画がここに誕生した。
 監督は『ノッティングヒルの恋人』などの劇映画で知られるロジャー・ミッシェルが手掛け、本作が遺作になった。
(2021年/イギリス)
 
2022年9月3日(土)~16日(金)
ハッチング ―孵化― 上映作品
上映時間 11:00~/12:45~/14:30~/18:55~【91分】
※1200円週間です(シニア1000円)

 無垢な少女の秘めた悪意は、やがて狂気に姿を変える。誰もが羨む“幸せな家庭”で少女の抑圧された感情が<卵>に満ちる時、悪夢は生まれる。
2022年サンダンス映画祭(ミッドナイト部門)でプレミア上映されるや、その美しくも不穏な世界観で世界を驚愕させ、ジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭でもグランプリを受賞した本作。少女が孵化させた卵が、絵に描いたような幸せな家族のおぞましい真の姿をさらしていく―。
 北欧フィンランド。12歳の少女ティンヤは、完璧で幸せな自身の家族の動画を世界へ発信することに夢中な母親を喜ばすために全てを我慢し自分を抑え、新体操の大会優勝を目指す日々を送っていた。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。家族に秘密にしながら、その卵を自分のベッドで温めるティンヤ。やがて卵は大きくなりはじめ、遂には孵化する。卵から生まれた‘それ’は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていく…。
主人公の少女ティンヤを演じるのは1200人のオーディションから選ばれたシーリ・ソラリンナ。新鋭女性監督ハンナ・ベルイホルムが北欧の明るさの中に潜む恐怖を見事に切り取ってみせている。『ぼくのエリ 200歳の少女』に次ぐ、北欧発の新たなイノセントホラー、日本解禁。
(2021年/PG12/フィンランド)
 
 
 
お問い合わせ
Since 2013/9/1 総数340767 昨日133 今日010