カレンダー(上映作品/イベント/休館)
掲示板
アクセス
入場料金
写真館
劇場紹介

お知らせ
2021年6月26日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの下↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
6月26日(土)~7月9日(金)『トキワ荘の青春 デジタルリマスター版』
上映時間 11:00~/1:10~/3:20~(110分) ※各回本編前に本木雅弘さんによる初日舞台挨拶映像の特別上映あり     
  ※各回入替なし ※毎週火曜日休館  
まじめだけど、ヘンだった。こっけいだけど、真剣だった。1950年代、東京の片隅のアパートに集まった漫画家たちの青春グラフィティ。監督・市川準、主演・本木雅弘、共演に古田新太、生瀬勝久、阿部サダヲほか。1995年の作品がデジタルリマスターで蘇る。

7月10日(土)~23日(金)『声優夫婦の甘くない生活』
1990年、ソ連からイスラエルへ移民したスター声優夫婦。第2の人生を謳歌するつもりがイスラエルでは声優の需要がないという現実に直面してしまう。生活のために妻は夫に内緒でテレフォンセックスの仕事に就き、一方の夫は海賊版レンタルビデオ店で再び声優の職を得る。なんとか生活を軌道に乗せはじめた2人だったが…。


休館しておりましたが、再開いたしております。 
 高知県では新型コロナウイルス緊急事態宣言中でも映画館は県からの休業要請の対象ではありませんでした。また、その理由として全国で映画館での感染例が一つも出ていない事が挙げられています。安心してご鑑賞ください。 
劇場ではドアノブ・レバーなどの消毒を行います。また、入り口にアルコール消毒液を用意しております。お客様におかれましても、石けんの手洗いまたは消毒液での手指消毒、マスクなどの咳エチケット、座席の間隔を1~2mほど開けるなどの感染防止へのご協力をお願いいたします。 
 
2021年6月12日(土)~25日(金)
世界で一番しあわせな食堂 上映作品
上映時間 11:00~/1:10~/3:20~(114分)       
  ※各回入替なし ※毎週火曜日休館
   
 人生が温まる料理はいかがですか。世界幸福度ランキング1位の国・北欧フィンランドを舞台に地元の人たちと異国の料理人の出会いを描く心温まる物語。
 フィンランド北部の小さな村にある食堂へ、上海から料理人チェンとその息子がやって来た。恩人を探していると言うが、知る人は誰もいない。食堂を経営するシルカは、チェンが食堂を手伝う代わりに、恩人探しに協力することとなる。恩人探しが思うように進まない一方で、チェンが作る料理は評判となり食堂は大盛況。次第にシルカ、そして常連客とも親しくなっていくチェンだったが、観光ビザの期限が迫り、帰国する日が近づいてくる―――。
 「旅人は夢を奏でる」「ヘルシンキ・ナポリ/オールナイトロング」のミカ・カウリスマキ監督が本作で描くのは、異文化との出会いと、そこから生まれる喜び。お互いの文化を尊重しあい、全く異なった世界を受け入れようと努力する人々の姿に、分断に揺れる現代社会に対する監督の強いメッセージが込められている。
 出演はアンナ=マイヤ・トゥオッコ、チュー・パック・ホング、カリ・バーナネン、カリ・ヴァーナネンほか。
(2019年/フィンランド・イギリス・中国)
 
ブログ
2021年5月14日(金)~6月11日(金)
美しき誘惑-現代の「画皮」- 上映作品
上映時間 11:00/1:20/3:40/6:30(120分)
※最終日まで上記上映時間になりました
※各回入替なし ※毎週火曜日休館  

大川隆法製作総指揮・原作の最新作。画皮(がひ)とは人間の皮を被って人に化ける妖魔のこと。「九尾の狐」の伝説をモチーフに描く現代の物語。
 大手銀行副頭取の秘書として働き、才色兼備で周囲の誰もが憧れる山本舞子。彼女には、夜に銀座の高級クラブでホステスとして働き、自分の美しさにふさわしい男性を品定めするという、もうひとつの顔があった。そしてある日、舞子は、将来の総理大臣候補とも呼び声の高い議員の塩村太郎と出会う。太郎は瞬く間に舞子に夢中になり、2人は結婚することに。全ては舞子の思惑通りに進む中、太郎は、人生の師でもある教団の教祖・橘勝子から、舞子が「九尾の狐」に取り憑りつかれた妖魔であると告げられる。自分の美しさによって国が滅びることを望む舞子。そんな彼女にも良心があるはずだと信じたい太郎は、葛藤を抱えながら結婚式当日を迎えるが……。
 監督・赤羽博、脚本・大川咲也加、音楽・水澤有一の『夜明けを信じて。』に続くタッグ。出演は長谷川奈央、市原綾真、芦川よしみ、千眼美子、モロ師岡、永島敏行。主題歌は大川隆法作詞・作曲で『世界から希望が消えたなら。』の竹内久顕が歌う。
(2021年/日本)
 
2021年5月1日(土)~13日(木)
82年生まれ、キム・ジヨン 上映作品
5月1日(土)~13日(木)『82年生まれ、キム・ジヨン』
上映時間 11:00~/1:10~/3:20~(118分)     
  ※各回入替なし ※毎週火曜日休館 
彼女の心はなぜ壊れてしまったのか?―共感と絶望から生まれた希望の物語。
平凡な女性の人生を通して韓国の現代女性が担う重圧と生きづらさを描き、日本でも話題を集めたチョ・ナムジュのベストセラー小説を、『トガニ』『新感染』のチョン・ユミとコン・ユの共演で映画化。
 結婚を機に仕事を辞めたジヨンは、夫デヒョンと幼い娘とともにソウルで暮らす。育児と家事に追われる日々の中で彼女は次第に精神のバランスを崩し、実母や友人といった別の人格が時折、憑依するようになる。――その時の記憶はすっぽりと抜け落ちている妻に、デヒョンは傷つけるのが怖くて真実を告げられず、ひとり精神科医に相談に行くが…。 
 世界が広いと信じていた子供時代、女性としての生きづらさを初めて知る少女時代、必死に勉強して入った大学から就職への壁。結婚・出産で会社を辞め、社会から切り離されていくような気持ちを抱える日々、そして再就職への困難な道――。女性なら誰もが感じたことがあるであろう場面を積み重ね、ジヨンの人生は描かれる。観客はその人生に共感し、絶望し、彼女を応援し、そして映画でジヨンが選んだ生き方に、きっと未来への希望をみつけるはずだ。 
 監督は短編映画で注目され、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン。
(2019年/韓国)
 
2021年5月1日(土)~終了日未定
お詫び 上映作品
ホームページの閲覧ができない状態が数日続いてしまいまして、お問い合わせいただいた方々はじめ申し訳ありませんでした。
 
 
 
お問い合わせ
Since 2013/9/1 総数292191 昨日074 今日066