カレンダー(上映作品/イベント/休館)
掲示板
アクセス
入場料金
写真館
劇場紹介

お知らせ
2018年8月4日(土)~終了日未定
順次上映予定作品※ホームページの構成上、現在上映中の作品・時間はこの下↓のほうになりますので、よろしくお願いいたします。 上映作品
8月4日(土)~8月17日(金)『あなたの旅立ち、綴ります』

今秋11月公開予定 高知ロケ作品『カスリコ』
 
2018年7月21日(土)~8月3日(金)
おみおくり 上映作品
上映時間 12:00~/2:10~/4:20~/6:30~(117分)         
※各回入替なし ※毎週火曜日休館   

女性納棺師という人の死に触れる仕事を通して生きる希望を見出していく女性を描いたヒューマンドラマ。永井結子のエッセイ「今日のご遺体 女納棺師という仕事」を原案に、7つのお別れのエピソードを繊細に紡いでいく。 
 ベテラン納棺師の満島弥生は、愛する人との別れで受けた心の傷を癒そうとするかのように、毎日誰かの「死」と直面する現場で仕事に打ち込んでいた。一方、子どもの頃に両親を亡くしてから事故の悪夢に悩まされ続けている亜衣は、女性納棺師である弥生の存在を知り、自分自身と向き合うべく弟子入りを決意する。

出演: 高島礼子、文音、渡部秀、風谷南友、重盛さと美、宮下順子、加藤雅也ほか 
監督・脚本:伊藤秀裕
(2018年/日本)
 
2018年7月7日(土)~20日(金)
ラッキー 上映作品
上映時間 12:00~/1:40~/3:20~/6:30~(88分)        
※各回入替なし ※毎週火曜日休館  

 銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない ―
神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。いつものバーでブラッディ・マリアを飲み、馴染み客たちと過ごす。そんな毎日の中でふと、人生の終わりが近づいていることを思い知らされた彼は、「死」について考え始める。
『パリ、テキサス』などの名優ハリー・ディーン・スタントンの遺作となった本作の物語は、スタントンの人生人生になぞらえて描いたラブレターともいえる。

出演: ハリー・ディーン・スタントン、デヴィッド・リンチほか
監督:ジョン・キャロル・リンチ 脚本ローガン・スパークス、ドラゴ・スモンジャ

(2017年/アメリカ)
 
ブログ
2018年7月2日(月)~6日(金)
優秀映画鑑賞推進事業Qプログラム 上映作品
女優高峰秀子と家族・夫婦の名作特集
『名もなく貧しく美しく』11:40~/7:25~(130分)
『裸の島』1:55~(96分)
『この広い空のどこかに』3:35~(111分)
『煙突の見える場所』5:30~(108分)
※この催しは火曜も上映します

戦後の混乱を乗り越え、復興の時を迎えた日本に生きる様々な家族や夫婦の姿を描いた作品を上映いたします。また、今なお人気の高い女優・高峰秀子が4本中3本に出演しているのも見どころです。

主催:あたご劇場/文化庁/国立映画アーカイブ
協賛:木下グループ 協力:株式会社オーエムシー
 
2018年6月30日(土)~7月1日(日)
臨時休館 上映作品
 
2018年6月16日(土)~29日(金)
フェリーニに恋して 上映作品
上映時間 12:00~/2:00~/6:00~(103分)       
※各回入替なし ※毎週火曜日休館  

 20歳のルーシーは引きこもりで母親に守られていた。母の末期がんを知ったルーシーは早く自立しなければ、と思うがうまくいかない。そんな時、イタリアの巨匠監督フェリーニの映画祭で彼の映画に魅了されたルーシーは、フェリーニに会おうと一人でイタリアに旅立つ。『道』『81/2』などのフェリーニ映画の登場人物に誘われながら、幻想と現実が絡み合う彼女の旅の終着点は?
少女が、憧れのフェリーニを探してイタリアを旅することで成長していくさまを、フェリーニ作品へのオマージュや、ローマ、ベネチアなどイタリアの美しい都市の風景とともにファンタジックに描いたドラマ。

出演:クセニア・ソロ、マリア・ベロ、メアリー・リン・ライスカブ
脚本:ナンシー・カートライト 監督:タロン・レクストン

(2016年/アメリカ) 
 
 
 
お問い合わせ
Since 2013/9/1 総数187595 昨日079 今日074